無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お風呂習慣改善で健康体質に♡体の芯から温まる冬の入浴法

寒さが厳しい季節は、お風呂で体をしっかりと温めたいですね。そこで、体の芯から温まる冬の入浴法を紹介します。ぜひ参考にして下さい。

2019年1月
美容

寒い日はお風呂で暖まろう

unsplash.com

体が芯から冷える冬。風邪も引きやすい時期なので、体を温めて元気な体を作りたいですよね。そこで、体の芯から温まって体質改善にもなる冬の入浴方法を紹介します。

お風呂は何度が温まるの?

Photo by Anita Austvika / Unsplash

お風呂に浸かる温度が熱すぎると内臓や心臓に負担がかかり、リラックスする事が出来ません。血流はゆっくり浸かると良くなるので、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かると効果的です。38〜40度がベストな温度です。

www.pexels.com

入浴時間はできる事なら30分がベストです。体の緊張がほぐれて体の疲れを取る事ができますよ。

体を温める入浴方法

Photo by Coline Haslé / Unsplash

いつもシャワー派の人は、お風呂に変えるだけでも効果があるのですが、より効果を感じる入浴方法を紹介します。体全体が温まりますよ。

①入浴前に温かい飲み物を飲む

発汗効果を期待する時や、冷え切った体を温めたい時はお風呂に入る前に白湯など温かい物を飲みましょう。血流を良くし、内臓を温める事ができますよ。

②入浴剤を入れる

Mireka on Instagram: “お正月に蓄えた分…🐗 汗かくぞ…✔︎ . ✔︎SHIGETA PARIS(@shigeta_paris) BLOSSOM BATH SALTS . いい香りに包まれたら、気分もリラックスできるから長くお風呂につかるのも頑張れそうな気がする…🧖🏻‍♀️…”
instagram.com

何も入っていないお湯は温熱効果が低いので、入浴剤を取り入れてみましょう。血流を増やす炭酸系、温浴効果が高い塩系がオススメです。好きな香りでリラックスして下さい。

③かけ湯でお湯の温度になれる

体を洗った後は温まっているのでそのまま入っても良いですが、脱衣所で脱いですぐ湯船に浸かると温度差でヒートショックになってしまう事もあります。足、膝、太もも、手や腕、お腹、心臓という順でかけ湯を行いましょう。

記事に関するお問い合わせ