無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネギは切り方と部位で味わいが変わる!?部位別おすすめ料理は?

旬は11~2月ですが、いまやどこのスーパーでも手に入り、薬味や付け合わせとしても欠かすことができないネギ。もはや説明の必要もないくらい馴染み深い存在ですが、実は部位によって味わいが「4つ」に異なることをご存知でしたか?今回は、ネギの部位ごとに異なる4つの特徴をご紹介。それぞれに適した切り方と、相性の良い料理も知って、そのおいしさを存分に楽しみましょう。

ライフスタイル

2.白い部分の上部

【味わいや食感の特徴】
辛みと甘みのバランスが調和し、香りも良い。下部に比べ繊維が細く、やわらかい。

【おすすめの切り方】 ※上の写真の、下段
・斜め薄切り/ 外側のシャキッとした食感と、内側のやわらかく甘みがある部分を一緒に使うと、甘みと辛みのバランスが良くなる。

【相性の良い料理】
麺類、丼もの、焼きネギ、鍋、スープ、みそ汁など

3.分岐している(白と緑が混ざっている)部分

【味わいや食感の特徴】
青い部分の辛みと、白い部分の甘みの両方が混在している。内側にはワタ(白くフワフワとしている部分)があり、ざっくり切ってもやわらかい食感が楽しめる。火を通すととろみが出る。
※葉の付け根部分に土が入り込んでいる場合があるので、水にさらしてから使う。

【おすすめの切り方】 ※上の写真の、下段
・縦切り/ 繊維に沿って長めの縦切りにする。

【相性の良い料理】
豚ネギ炒め、スープ、みそ汁など

4.緑色(葉身)の部分

【味わいや食感の特徴】
4つの部位の中でいちばん辛みが強く、薬味に最適。内側の白いワタにはぬめりがある。

【おすすめの切り方】 ※上の写真で、下段左から
・角切り/ 薬味として辛みを生かす場合は、ワタを削り取る。
・縦切り/ ワタつきのまま縦にざく切りにする。

【相性の良い料理】
中華炒め、スープ、みそ汁など
主役から薬味まで、和洋中さまざまな料理を引き立てるネギの活躍ぶりは、食卓に欠かせません。部位別の特徴を活かして、異なる味わいや食感を楽しみましょう。

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ