無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自信には2種類ある!自信をつけるための本当の方法

いろんな悩みの対処法として、「自信をつけよう」といわれることも多々ありますが、そもそもどうやって自信をつけたら良いのかわからない人も多いことでしょう。自信をつけるために知っておいてほしいのが、自信は2種類ある、ということです。

2019年1月
ライフスタイル

自信ってどうやったらつくの?

自信には2種類あることから知る!

「自信をつけたい」と思っている人はいませんか?自分に自信がないと、自分を否定してしまったり、一歩を踏み出せなかったり、心が苦しくなってしまうこともあります。

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

自信をつけるためには、まず“自信”がどういうものなのかを知りましょう。実は、自信は2種類あるということをご存じですか?それぞれの自信を知り、身につける方法をご紹介します。

2種類の自信とは…

「根拠のある自信」と「根拠のない自信」

自信には、「根拠のある自信」と「根拠のない自信」の2種類があります。根拠のある自信は、自信がある理由を説明できます。だいたいが「行動」や「結果」によって得た実績によって、自信を身につけているのです。

根拠のない自信には、言葉の意味通り、理由がありません。元々持っている性格にもよりますが、考え方次第で根拠のない自信を身につけることもできます。

根拠のある自信のメリット・デメリット

メリット:わかりやすく、納得しやすい

根拠のある自信は、どんな行動をして、どういう結果を得て、どういう実績があるのか、自信に結びつくプロセスがわかりやすいです。自分も他人も納得できる自信と言えます。

理由となる行動や結果がないと自信がつかないので、時間はかかります。ただし、時間はかかっても地道に積み重ねてつけた自信は、強く揺るぎません。

デメリット:実績を求めてハードルが高くなる

先述したように、自信をつけるのに時間がかかるというデメリットがあります。しかも、時間が経つにつれて、「自分はこれだけしたけど、もっと頑張っている人はいる」と捉えるようになり、自信にはならないことも。

また、「他人に認められないと意味がない」と実績の判断を他人だけに委ねてしまうと、結果が得られず、むしろ自己肯定感が低くなる可能性もあるのです。

記事に関するお問い合わせ