無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男は仕事、女は家事という役割、なんてない。

ライフスタイル

大阪出身、滋賀在住の漫画家兼イラストレーターである吉本ユータヌキさんは、バンドの解散をきっかけに開設したブログで漫画を描き始め、それが仕事となり現在に至る。パパの目線で描くコミカルな育児漫画『おもち日和』が話題を呼んだ。一時期は会社に通いながら家族との時間を取り、漫画を描くといった生活で、睡眠時間が3時間ほどしかなかったことも。紆余曲折を経て見えてきた「家族のあり方」について、お話を伺った。

1986年、大阪府生まれ。現在は滋賀県に在住。漫画家で3児の父。18歳から8年間たバンド活動をしていたが、バンドが解散した後は、サラリーマンとして働きながら漫画家に。子どもの成長を残す意味で描き始めた漫画『おもち日和』が人気を博し、集英社より出版デビュー。2019年に会社員を辞め、フリーランスとして働いている。

Twitter @horahareta13

@horahareta13

note 吉本ユータヌキ

吉本ユータヌキ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ