無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今、脳疲労で眠れない人が増加中! 睡眠の質を高めてぐっすり眠るための足刺激テクニック

ライフスタイル

足色が赤くて土踏まずが白い人はアクティブなタイプ

今回のモニターは、50代前半のSさんです。広報のお仕事と副業でも活躍されているので、日常的に外歩きの時間が多いそうです。手足や顔のむくみや、体のゆがみも気になるそうです。

Sさん:「最近は寝つきが悪く、夜中によく目が覚めてしまいます。疲れがとれにくいことと、太りやすくなったのも悩みです」

Sさんの足は、『運動足』と言われるじょうぶな印象の足で、足幅がしっかりとあることが特徴です。

きよみ先生:「部活などでかなりしっかりと運動をした経験があるのではないですか? 足の印象から、とても活動的なタイプの方だと思います」

Sさん:「はい、ずっとテニスをやっていましたし、今でも寝る前にエクササイズをしています」

Sさんのように活動的な人は、足色が赤く、土踏まずはきちんと凹みがあり白い足相をしていることが多いそうです。

きよみ先生:「指先を見ると力を抜いているつもりでも、指がぴたっとくっついていますね。このような足の状態の人は、意思が強く、やろうと思ったことをまっしぐらにやり遂げるタイプの人が多いのです」

Sさん:「すごい、本当にそうです! 自分でもいつも動いていないといられないくらいアクティブなほうだと思いますし、負けず嫌いなので、何事もやり遂げたいと思って行動します」

足の特徴を見るだけで、その人の性格や行動まで読みとることができてしまうのですね! Sさんもあまりにぴったりだったようで、とても驚いた表情でした。

内臓の足相サインがないのに眠れない人は脳疲労を疑って

ここからは、足相診断でSさんの不調の原因を探っていきます。

きよみ先生:「眠りが浅く疲れもとれないのですね。足相を見ると、内臓の働きに悪いサインは出ていないので、内臓の不調が原因ではないですね。コロナによる行動制限が緩和されたので、この春から急に行動が活動的になったのではありませんか? 急激な行動の変化によって、脳への刺激が増えて脳疲労を起こし、眠れないという悩みをもつ人が今、とても増えているのです」

最近、飲むとよく眠れるという乳酸菌飲料が大人気ですが、睡眠の質の悪い人が多いのは、コロナ禍による急激な行動変化も一因かもしれません。

きよみ先生:「自粛が続いたコロナ禍の2年間で脳は冬眠状態だったのに、2年ぶりに外で活動できるようになり、見るもの、食べるものがみんな新しい情報として入ってくるので、脳が興奮してしまいます。いったんは疲れて眠くなるものの、脳が刺激を受けているとすぐに夢を見て起きてしまい、熟睡できなくなってしまうのです」

Sさん:「眠れないと感じるようになったのは最近なので、私も脳疲労が原因のようです。自分だけの悩みかと思いましたが、そういう人が増えているのですね。私の場合はトイレに行きたくなって目が覚めるのですが…」

きよみ先生:「トイレに行きたくなって起きてしまうのは、寝ている間に自律神経のバランスが乱れることが原因です。そして1度目が覚めてしまうと眠れなくなってしまうのですよね。サロンにも同じ悩みの人がとても増えていて、社会的な問題だと感じます」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ