無料の会員登録をすると
お気に入りができます

妊娠しても“つわりがない”けどこれでいいの?つわりがない人の理由と注意点

妊娠中につわりの症状が一度も出ないママもいます。つわりの症状がなくても、妊婦健診で異常がなければ赤ちゃんは元気に育っています。心配しないで。つわりがないママが気になることを、助産師さんに聞きました。

ライフスタイル

CentralITAlliance/gettyimages

つわりがなくても赤ちゃんの成長に何の心配もいりませんが、普段どおりの生活が送れることで「妊娠中」という意識が芽生えにくいママもいます。つわりがないからこそ、早い段階から赤ちゃんのことを思って、いろいろと気をつけてあげられるといいですね。

<こんなことを意識しよう>
●からだを冷やさないようにする(服装、食べ物に気をつける)
●転倒しづらいローヒールの靴をはく
●栄養バランスのとれた食事をとる
●むやみに人ごみに行かない(感染症予防)
●激しい運動をしない
●タバコ、お酒をやめる

「私もなかった!」「今思えばあれがつわり」 先輩ママ体験談

「私は一人目も二人目もつわりがとても軽く、二人目に至っては『つわりって何?』状態でした。自覚症状がないので、健診と健診の間がとても不安でしたが、ちゃんと無事に生まれましたよ!」

「初めての妊娠で、現在3ヶ月です。先日母子手帳をもらいましたが、つわりがなく、本当に育ってくれているのか不安になります」

「私は第1子が食べづわり、現在第2子妊娠中ですが食べづわりもほぼないぐらい普通に過ごしてます。助産師さんから言わせるとない方が良いよって言われました。それでも4歳の娘はとっても健康ですし、現在妊娠7ヶ月ですが順調に育っています」

「妊娠5週の高年初産婦です。胎囊(たいのう)は確認済みで、月末の健診で心拍確認予定です。つわりがほぼなく、本当に赤ちゃんが育ってるのか不安になります。ひどい腹痛や出血がないのできっと大丈夫だと思うようにしてますが、次の健診までの時間が長い…。こんなに月日がたつのが遅く思えるのは初めてです」

「一人目のときも今回も、においに敏感になることもなければ気分が悪くなることもなく過ごしました。なんでもおいしく食べられるため、体重が減ることは一度もなく、右肩上がり…。いつ、あの『おえーー』ってのがくるの??!とドキドキして過ごしましたが、結局何もないまま出産。つわりがひどかった友人からは、めちゃくちゃうらやましがられました(^◇^;)。第1子はすくすく育って1歳半、第2子もとても順調ですよ☆」

「結局つわりがどんなものかよくわからなかったので、なかったほうだと思いますが、妊娠中に回転ずしのシーチキンが好きになってそればかり食べていたことは、つわりに入るのかな?」

「つわりはなかったというか、気持ち悪いとか苦手なにおいがまったくありませんでした。でも今思えば、初期にすごく体重が増えてしかられたので、食べつわりだったのかなと思います」

「1人目のとき、まーったくつわりはありませんでした。不謹慎ですが、つわりでやせるというのをちょっぴり期待していたのですが、これっぽっちもつわりがなく、順調に体重増えましたね」

「1人目はつわりがなく超元気妊婦でしたが、二人目は妊娠悪阻(にんしんおそ)で6kg減。点滴治療をしました」

「つわりは、まったくなく人生でいちばん快適でした。妊娠前の方が、月の半分ぐらいつわりのような症状が続いて不快です。思うに、私は低温期と高温期で、高温期のほうが体調がよいので、その状態がずっと続くのが最高だったのかも」

「一人目はつわりというつわりはまったくありませんでした。眠くなったり、胸が張ったりはありましたが…。三人目の今、7週ぐらいから胃のムカムカや、味覚の変化が出てきました。徐々にきつくなってきて、13週ごろになんとか落ち着いてきました。」

「つわりは赤ちゃんが元気な証拠」というフレーズは、つわりがつらいママを励ますための言葉。「つわりがない=赤ちゃんが元気じゃない」という意味ではありません。妊娠初期はおなかの赤ちゃんが成長するための大切な時期です。つわりがないことにストレスを感じるなんてもったいない! 早い段階からバランスのとれた食事をとれたり、赤ちゃん優先の生活ができるのです。「つわりがなくてラッキー」というくらいの気持ちで、快適なマタニティライフを楽しんでいきましょう。
(文/大部陽子、たまごクラブ編集部)

監修/愛育会 愛育病院(神奈川県) 助産師・病棟師長 松藤美穂さん

関連:妊娠中に薬を飲んでも大丈夫?気になる薬と胎児の成長・影響を産婦人科医が解説

■文中のコメントは口コミサイト『ウィメンズパーク』の投稿を再編集したものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ