無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2019年版]バレンタインがもっと楽しくなる!チョコレート専門店の体験イベントまとめ5選

グルメ

年に一度のチョコレートの祭典、バレンタインデー。せっかくだから大人もチョコレート作りを楽しみたい! そこで、チョコレート専門店のプロがサポートしてくれる体験イベントをご紹介。世界にひとつだけのオリジナルチョコレートを作るだけでなく、セミナーでカカオ豆やチョコレートについての知識を得られる催しも。2019年のバレンタインは、専門店の体験イベントで、チョコレートをもっと楽しもう!

【作る】Minimalの「カカオ豆からの手作りチョコレートワークショップ」

カカオ豆からチョコ作り!
ビーントゥバーのワークショップへ

カカオ豆からチョコレートになるまでを一貫して行う「ビーントゥバー」。東京発のクラフトチョコレートメーカー「Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)」の店舗では、カカオ豆からの本格チョコ作りが行える。ミニマルの先生がやさしくサポートしてくれるので、初心者&不器用さんも安心。

チョコ作りの前には、全員に紙が配られ、なんと筆記テストがスタート。問題は、カカオ豆が育つ条件やチョコレート作りの工程など、初見ではかなり難しい内容。参加者みんなで「わからない!」を連発しながらもわいわい解き進めていくさまに、なんだか学生時代を思い出す。

ワークショップではカカオ豆の皮むきに粉砕、チョコレートの生地調合、成型と、カカオ豆がチョコレートになるまでの工程を体験。ちなみに、作ったチョコレートはお土産として持ち帰りOK。冷蔵庫で約1週間寝かせると味が熟成してまろやかになるそうで、ワークショップが終わった後も、自分の作ったチョコレートが育つ楽しみが残る。

カカオ豆からの手作りチョコレートワークショップ

開催日時:月2~3回程度の不定期開催。日程の確認&参加申し込みは公式ホームページにて
開催場所:Minimal銀座店(東京都中央区銀座3-8-13)※富ヶ谷本店、池袋会場でも不定期開催
参加費:4320円
お土産:ワークショップで作ったチョコレートバー 4枚
持ち物:筆記用具、エプロン持参を推奨
定員:先着10名程度(最少催行人数5名)
※12歳以上対象

詳細はこちら

【作る】ダンデライオン・チョコレートの「Chocolate 101」「Chocolate 201」

チョコレートの楽しさを学んでステップアップ!
より高度なビーントゥバー体験ができるスタイル

特定の地域や農園で採れたシングル・オリジンのカカオ豆から作る「ダンデライオン・チョコレート」は、世界でも数少ないお店のひとつ。こちらでは、チョコレート作りのワークショップを2段階でしっかり身に付けられるようにしているので、より高度な体験を求めるなら入門編から始めてステップアップしていくのがおすすめ。

入門編では、カカオ豆からチョコレートができるまでのプロセスなどを学ぶほか、数種類の食べ比べや工場見学など、チョコレートの世界を楽しめる内容が詰まっている。さらに製造編では、好きな豆を選んで配合して作ったチョコレートを持ち帰ることができるうえに、製菓用のチョコレートやファクトリーで作られたバーもお土産に。

今なら、2019年2月2日(土)の入門編「Chocolate 101」を受講した後に、2月5日(火)や10日(日)の製造編「Chocolate 201」で作ったチョコレートをバレンタインに間に合わせることもできるかも。しっかり学んで、カカオ豆から選んだチョコで本気の愛を伝えてみては?

チョコレートワークショップ Chocolate101・Chocolate201

【Chocolate 101 チョコレートについて学ぶ】
開催場所:ファクトリー&カフェ蔵前(東京都台東区蔵前4-14-6 )
開催日時:2019/2/2(土)、2/16(土)、2/24(日)各10:30~12:30
参加費:4536円(ドリンクチケット付)

【Chocolate 201 カカオ豆からのチョコレートづくり】
開催場所:ファクトリー&カフェ蔵前(東京都台東区蔵前4-14-6 )
開催日時:2019/2/5(火)、2/10(日)、2/23(土)各10:30~14:30
参加費:9936円(ドリンクチケット付)
お土産:ワークショップで作ったオリジナルのバー 3枚、グラウンドチョコレート、ダンデライオン蔵前ファクトリー製のバー1枚、カカオニブ
持ち物:エプロン
定員:Chocolate101・12名、Chocolate201・6名
※申込受付はともにPeatixからのみ。定員数に達した場合は申込終了

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ