無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今更だけど教えて!"まつげのキワを埋める"ってどういうこと?

アイライナーテクの基本とも言える、まつげのキワを埋める引き方。一重、奥二重、二重と目の形を問わず、ナチュラルに目元を大きく見せることができる引き方なのですが…。実は、「上手に引けているか不安」と感じている女性も多いんです。きれいに引くコツやアイテムなどはあるのか…?実践しながら詳しく解説しちゃいます!

メイク

メイク歴は長いけど…。キワを埋めるがいまだに分かりません

目元を引き立たせる為に欠かせないアイライナー。その引き方は気分やトレンドによって様々ですが、中でも押さえておきたいのはまつげのキワを埋める基本の引き方です。

一重、奥二重、二重と目の形を問わず目元を大きく見せることができる一方、「正直苦手…」と感じている人が多いのも実はこの引き方。

そこで、「そもそもキワってどこのこと?」「うまく引く方法はあるの?」などなど…。ここでは”キワを埋める”のみにフォーカスをあてて、みなさんの今さら聞けないをひとつずつ解消しちゃいます!

そもそも「まつげのキワ」ってどこ?

そもそも、まつげのキワとはどの部分なのか…?苦手と感じている人の中には、ピンとこない人も多いのかなと思います。

まつげのキワはまぶたをグイッと持ち上げた際に見える、まつげの生え際(ギワ)・根元のこと。まつげの上でも下でもなく、生えている場所のことを言います。この部分を埋めるように引くことで、ナチュラルに目元を引き立てることができ、どんなメイクにもハマるパッチリ目に仕上がるんです。

とにかく詳しくキワの埋め方を紹介!

では、実践しながら引き方のコツやポイントを詳しく解説していきますよ〜!

使うのはペンシルタイプのアイライナー

使うのはペンシルタイプのアイライナー。「キワは絶対にペンシル!」というような決まりはないのですが、大体の女性がこのタイプを使用していますよ。リキッドタイプだとペン先が細すぎて、キワを埋めるにはちょっぴり不安定。ジェルタイプの場合は逆に筆が太すぎて、仕上がりがガタガタしちゃいます。

《step1》ビューラーでまつげを上げる

キワにラインを引く際は、事前にビューラーでまつげを上げておきます。まつげが下がっている状態よりも生え際部分が見えやすいので、引きやすさが格段にアップします。

《step2》まぶたを指でぐいっと持ち上げる

まつげを上げたら利き手じゃない方の手の指で、上まぶたを持ち上げましょう。皮膚を伸ばし、生え際が正面を向くイメージでグイッと!

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む