無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[いちごブッフェ実食レポ]ホテル インターコンチネンタル 東京ベイでいちごスイーツ食べ放題!平日はシェフのパフォーマンスも

グルメ

今年もいちごがおいしい季節がやってきた! 都内の各ホテルでもいちごをメインとしたブッフェが開催されています。竹芝の「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」のシェフズ ライブ キッチンの「デザート&ライトミールブッフェ」には、2月28日(木)までいちごのデザートが登場。今回のテーマである“いちご”に合わせて、色とりどりのスイーツや軽食など約60種のメニューが勢揃いすると聞き、ライターKが潜入してきました。

ブッフェ会場に足を踏み入れると、ピンク色のチョコレートファウンテンに釘付けに! 早速食べたい気持ちを抑えてまずはぐるりと一周し、何から食べようか作戦タイム。

この日は平日にもかかわらず、幅広い年齢層の人でいっぱい。「ホテルの周りがオフィス街ということもあって、職場の懇親会などにご利用いただくことも多いようです。軽食メニューも充実しているので、男性のお客様にもご好評いただいています」と広報さん。

“ヘルシー・ビューティー・フレッシュ”をコンセプトとするこちらでは、目の前で作られるできたての料理が随時提供されるのはもちろん、ほとんどのメニューカードに、料理名だけでなくカロリーや、含まれる栄養素などが記載されているんです。これならバランスを考えながら選んだり、罪悪感なくブッフェが楽しめそう!

いちごのムースやチーズケーキ、ブランマンジェをはじめ、いちごを使ったひと口サイズのデザートがずらりと並ぶ様子は、見ているだけでもワクワク。いちごフレーバーのチョコレートファウンテンにくぐらせるのは、もちろんいちご。

席に着いたところで、小さなマカロンやいちごのタルトが乗ったファーストディッシュが運ばれてきました。季節によって内容は変わるとのことですが、愛らしく、嬉しいサプライズに思わず頬が緩みます。

さらに、平日限定で“選べるカラフルクリームソーダ”も無料でサービス。いちごとバラの香りが楽しめるハートフルローズ、キウイフォレスト、パイナップルジュースを合わせたファンタジーブルーの3種からお好みのクリームソーダを選んで。

今回、私が楽しんだいちごのメニューはこちら。なめらかな口当たりのブラマンジェや、いちごの旨みがギュッと凝縮された「いちごのスープ」のおいしさに感動。クリームソーダのハート型のストローも、キュートで思わず写真に撮りたくなります。

いちごかミルク味のソフトクリームを選んで、12種類のトッピングと11種類のソースを自由に組み合わせてつくるオリジナルパフェや、ミニサイズのパンケーキにホイップクリームやフルーツを自分でデコレーションして楽しめるパンケーキなど、カスタマイズできるメニューも充実していました。

デザート&ライトミールブッフェというだけあって、サンドイッチや、スープ、シェフ自慢のグリーンカレー(日替わり)などフードメニューも豊富なのもこちらの魅力。広報さんがおすすめだという、香ばしくグリルされた「パリパリチキン」も大人気でしたよ!

これなら甘いものだけだとすぐに飽きてしまう・・・という人にもぴったり。遅いランチや、ハイティーの代わりに楽しむのもおすすめです。

さらに平日は、シェフによるおもてなしとして、“ハッピー シェフズタイム”も! 今回のデザートは、フレッシュないちごとグランマニエで香り付けをした「ストロベリージュビレ クレープ添え」。

訪れた人々の目の前でデモンストレーションが行われ、フランベの炎が上がると同時に歓声が上がりました。ちなみに、土・日・祝日は、スフレ生地からアツアツのチョコレートが溶け出すフォンダンショコラがいただけるそう。こちらもぜひお楽しみに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ