無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ダイエットチョイス!]パスタを選ぶなら?~EICO式ダイエットのコツ(185)~

ビューティ

ランチの人気メニューのひとつ、パスタ。ダイエット中に食べるならどのソースが合格なのでしょう? これと思うものを選んだら、さっそくEICO式でチェック!

Aミートソース
Bカルボナーラ
Cボンゴレ
Dジェノベーゼ

Aミートソース

ナイスチョイス!

ミートソースのよいところは、肉主体のためたんぱく質が多いこと、トマトを使っているので、リコピン、カリウム、β-カロテンなど栄養価が高いこと。ただ、ひき肉は脂質が多いので、家で作るときは脂質の少ないひき肉を選び、肉の量を少なめにし、コンソメなどでうまみをプラスすると、おいしさはそのままでカロリーダウンできます。玉ねぎ、きのこなど野菜を加えてカサ増しするのもオススメです。

Bカルボナーラ

イマイチチョイス

ソースの材料が卵、生クリーム、チーズ、ベーコンのため、高カロリーで脂質とコレステロールが高めですが、たんぱく質、カルシウム、ビタミンB2が豊富で栄養価が高いのがよいところです。家で作るときは、生クリームを減らして牛乳に置き換え、ベーコンを減らしてコンソメを増やせば、無理なくカロリーカットできます。さらに、ほうれん草などを加えると栄養バランスがよくなります。

Cボンゴレ

ベストチョイス!

白ワインで蒸し上げたあさりとそのだしをパスタソースにするため、たんぱく質が多く、低カロリー。しかも、マグネシウムとビタミンB12が豊富で、パスタの中ではベストチョイスです。家で作るときはあさりを増量し、キャベツを入れるとよいでしょう。麺を減らせばなおさらgoodです。

Dジェノベーゼ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ