無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「妊娠悪阻」かどうかの判断基準は? 予防法は? 入院したらどうなるの?

つわりは症状ですが、「妊娠悪阻(にんしんおそ)」と診断されたら病気です。通常のつわりの範囲を超えて、日常生活に支障をきたすほどに重症化したときは、入院治療が必要です。もしも「水も飲めない」ほどの吐きけが続き、尿の回数や量が減ってしまったら、脱水症状に陥る心配が。我慢しすぎないで医師に相談しましょう。

ライフスタイル

Goran13/gettyimages

つわりが重症化して、食べることも、水分をとることもできず、生活に支障をきたして「入院治療が必要」と医師が判断したときに「妊娠悪阻(にんしんおそ)」という診断名がつきます。つわりと妊娠悪阻の境目は? 妊娠悪阻になったら、どんな治療を受けるの?など、東峯婦人クリニック院長の松峯寿美先生に聞きました。

関連:【動画】つわりのときに効いたもの TOP10 ~先輩ママのコメントつき~

つわりは症状ですが、「妊娠悪阻」は病気です

つわりの主な症状は胸のムカムカや吐きけ、食欲不振、頭痛など。これらは妊娠に伴う生理的な変化で、胃腸の不快症状を伴うのが特徴。妊娠5~14週ごろの妊婦さんの多くが経験します。つらいけれど、なんとか飲食ができて、通常の生活ができるのであれば、それはつわりの症状の範囲内。でも、吐きけがひどくて水を飲むことさえできず、1日の排尿回数や尿の量が減ってしまったり、急激な体重減少が見られたときには「妊娠悪阻」と診断されます。日常生活に支障をきたすような場合は、点滴治療が必要になります。

重症かどうかの判断基準は? 医師に相談する目安は?

●吐きけが強くて水も飲めない
空腹、満腹を問わずに吐きけが起こり、食べ物も水も口にできないような状況が何日も続くときは要注意。激しい嘔吐(おうと)を繰り返すうち、胃液を吐いたり、吐いたものに血液や胆汁が混じることもあります。

●体重が5~10%ほど減少した
数日の間に自分の体重の5%以上が減ったときは要注意(体重が50kgであれば、2.5kg以上)。吐きけとともに、めまいやふらつきを感じるケースも少なくありません。

●トイレの回数、尿の量が減った
トイレに行く回数が減り、トイレに行っても尿が少量しかでないのは水分補給ができていないサイン。脱水症状を起こしている可能性があります。尿検査で、尿中に体内の脂肪が分解されてできた“ケトン体”という物質が出たら、つわりによる低栄養と脱水症状が心配です。点滴治療が必要になります。

※上記の症状のうち、1つでも当てはまるものがあったら、つわりが重症化して「妊娠悪阻」に移行している可能性があります。

妊娠悪阻が赤ちゃんに影響することはあるの?

つわりが起きるのは、妊娠初期にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの分泌が急激に増えるのが原因のひとつ。また、妊婦さん自身の性格や不安感、ストレスなども関連しているとされています。つわり自体が赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないですが、万一、つわりが重症化してママが脱水症状を起こすと、ママと赤ちゃんの命にかかわるため、早めの治療が必要です。

つわりにタイプがあるように、妊娠悪阻にもタイプがあるの?

LittleBee80/gettyimages

吐きづわりや食べづわり、においに敏感になるにおいづわりなど、つわりのタイプはさまざまな。「こんな人が重症化しやすい」と一概には言えませんが、激しい吐きづわりがある人は「妊娠悪阻」に移行する心配があります。また、吐きけがあるにも関わらず、食べすぎてしまう人も要注意。加えて、ママ自身か感じる不安やストレスなど、精神面や環境面の要素もつわりを悪化させる一因と考えられています。

Q 妊娠悪阻になりやすいのは、どんなつわりタイプの人?

食べたり飲んだりするたびに吐いてしまう人は注意が必要です。また、気に入った食べ物を一度にたくさん食べて吐いてしまう人は、食べすぎによって胃に負担がかかり、吐きけを誘う心配があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ