無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片づけが苦手でもOK!狭い団地で「心地よく暮らせる」秘密って?

家が狭いとのびのび暮らせない?いえ、そんなことはありません。限られたスペースを上手に使えば、心地よい空間に!掃除や片づけが苦手でも、快適な部屋をつくるコツをお教えします。

ライフスタイル

家が狭いとのびのび暮らせない?いえ、そんなことはありません。限られたスペースを上手に使えば、心地よい空間は作れます!そこで、家が狭くて掃除や片づけが苦手でも、快適な部屋をつくるコツをお教えします。

<教えてくれた人>
Rieさん……夫、長女(11歳)、二女(5歳)の4人家族。結婚22年目。パン作りや部屋の模様替えが大好きで、思い立ったら即実行。「どちらも私にとってはいちばんのストレス解消法です」。

●HOUSE DATA
3DK(60㎡)/ 団地/築10年

掃除は気づいたらすぐにやる

気づいたらすぐに掃除できるよう、掃除道具をあちこちにさりげなく設置しています。

(写真右)ダイニングテーブルからも近いコンロわきに、掃除グッズをスタンバイ。サッと手に取れるから、パンくずなど、気づいたときにすぐに対応できます。

(真ん中) Tシャツなどの古着をカットして、シンク下の扉の裏にストック。コンロ掃除などに活用しています。

(左)掃除機をかけるのは主にカーペットを敷いた部屋。いつも隅っこからスタートするから、掃除機にはあらかじめ細いノズルをセット。

■おやつ中は小さなかごを卓上ゴミ箱に
子どものおやつタイムや来客時には、小ぶりのかごをテーブルに出しておきます。いちいち席を立たなくてもその場でゴミが回収できるから、後片づけの手間も半減。

テーブルには物を置かない

テーブルの上がごちゃごちゃしていると、それだけで部屋が雑然として見えがち。物の定位置を大まかに決めておけば、迷わず元に戻せるから、「テーブルの上は常にスッキリ」が習慣に。

キッチンツールは自分の好きな物でそろえる

本当に欲しい物が見つかるまで買わないのがマイルール。その分、愛着もひとしおです。缶やストッカーの中には輪ゴムや紅茶、岩塩、袋留めクリップなどを収納。

家具を最小限にする

リビングは家具を少なめにして、床にはなるべく物を置かないルールに。部屋が広く見えるし、脚つきの家具なら掃除もラク!。子どものお絵描きには、折りたたみ式のミニ机を活用。

(例えば)棚をテーブル代わりに…
ソファそばの壁面に無印良品の棚を設置してテーブル代わりに。飲みかけのカップを置くのにも便利で、ローテーブルがなくても困りません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ