無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今日はれんこん×豚肉で! シャキほく食感がやみつきになるメイン5品

レシピ

目次

シャキシャキ&ほっくりとしたあの食感とやさしい甘み。今夜はそんなれんこんと豚肉を使って、ご飯が進む一皿を作ってみていかがでしょう。はさみ焼きにしたり、ざっと炒めたり、蒸したり…とバリエーションも豊富。秋の初めに出回る、あっさりとみずみずしい新れんこんで作ってもおいしいですよ!

こんなに素敵な一皿に!【画像30枚】れんこんを使ったレシピの全画像を見る https://www.lettuceclub.net/news/article/1102842/i11105726/

れんこんのはさみ焼き

【材料・6個分】

豚ひき肉…200g、れんこん…150〜200g、おろししょうが…小さじ1/4、片栗粉・マヨネーズ…各大さじ1、酒…大さじ1/2、、塩…小さじ1/4、サラダ油…大さじ3、トマトケチャップ、水…各大さじ2、小麦粉

【作り方】

1.ボウルに豚ひき肉、おろししょうが、片栗粉、マヨネーズ各大さじ1、酒大さじ1/2、塩小さじ1/4を入れ、混ぜる。れんこんは12等分(5mm厚さが目安)の輪切りにする。れんこん2切れで肉だね1/6量をはさみ、小麦粉を薄くまぶす。同様にあと5個作る。

2.フライパンにサラダ油大さじ3を強めの中火で熱し、1を並べて両面を3〜4分ずつ焼く。フライパンの汚れを拭き、トマトケチャップ、水各大さじ2を加え、からめる。

(1人分179kcal、塩分0.5g レシピ考案/小林まさみ 栄養計算/スタジオ食)

れんこんのおかずといえばコレ! 肉だねにマヨネーズを混ぜ込んでジューシーに仕上げます。たれはトマトケチャップで子どもも好きな味つけに。肉の旨味をたっぷり吸ったシャキほくのれんこんは、箸が止まりません。

れんこん×豚肉は他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。

ひき肉とれんこんのオイスター焼き

ひき肉とれんこんにさっと火を通すだけの10分おかず。ひき肉はパックからパカッとフライパンに投入し、合わせ調味料(しょうゆ、オイスターソース)をフライパンの上で混ぜて片栗粉をふって。あいているスペースにれんこん(乱切り)、にんにく(薄切り)を入れてふたをし、強火で1分、さらに強めの中火で3分ほど蒸し焼きに。ふたをとったらざっくり混ぜながら2分焼いてできあがり。

ざっくりだんごとれんこんの甘酢あん

肉だね(豚ひき肉、卵、おろししょうが、片栗粉、酒、塩)はスプーンで一口大にすくってフライパンで揚げ焼きに。続いてれんこんも揚げ焼きにして器に盛ります。フライパンをきれいにしたら、甘酢あんの材料(水、しょうゆ、酢、砂糖、片栗粉、とりガラスープの素、ごま油)を中火にかけてとろみがついたら具材にかけて。ご飯が進む肉だんごが15分でできあがり。

豚バラと秋野菜の中華蒸し

5mmほどの厚さにカットしたれんこんとさつまいも、豚バラ肉(オイスターソース、酒、はちみつ、片栗粉、みそをもみ込む)を、交互に重ねて弱めの中火で蒸し煮に。ふたをする前に、水と豚肉の残ったたれも回しかけて。豚肉にしっかり味がついているので、野菜に下味をつける必要はありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ