無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“隠れ肥満度”をチェック!女性に多いのは何故?改善方法は?

一見痩せているのに、実は脂肪が多い「隠れ肥満」。男性よりも女性に多いと言われています。放っておくと、健康にも悪影響が及ぶ可能性があるので軽視してはいけません。今回は隠れ肥満とは一体どのような状態か、隠れ肥満のチェック方法などを紹介していきます。

美容

筋肉を鍛えておくと基礎代謝も高まり、ダイエットが加速するというメリットもあります。特に足の筋肉は衰えやすいので、スクワットなど足を鍛える筋トレを取り入れましょう。

くびれにも美脚にも効く♡効果的にお尻を鍛えるトレーニング5選

隠れ肥満にならないために、間違ったダイエットはNG

食べないダイエットは、すぐに体重が減るので、一見効率が良いと思うかもしれませんが、隠れ肥満の原因になっています。体重が減ると同時に、筋肉も減ってしまっているからです。

ダイエットやリバウンドを繰り返していると、代謝が悪く、脂肪が増えやすい体質になってしまっているかも。隠れ肥満にならないためには、食事内容の改善をしつつ、運動を行うダイエットをすることが大切です。長い目で見ても、その方が痩せやすい体になれますよ。

あなたは大丈夫?

隠れ肥満のデメリットや改善法を紹介してきました。隠れ肥満は、体重は重くないが体脂肪率が高いという状態。内臓脂肪が多いと健康に悪影響が及びます!隠れ肥満を改善するには適度な運動と筋トレを行うのが効果的です。隠れ肥満はなかなか気付きにくいので、体脂肪率も測定して自分が隠れ肥満かどうかチェックしておきましょう。

text:中野卓
スポーツ栄養学を専攻する大学院生。現在はトレーニングによるミトコンドリアの適応を促進させる栄養素について研究を進めている。水泳は、選手歴10年以上。アロマテラピー検定1級取得。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ