無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜までずっと乾燥知らず♡冬のうるおいベースメイク基本帳

ますます乾燥がひどくなってくるこの季節。「朝メイクした状態の肌を夜まで持続させるのは難しい...」とお悩みの方へ。夜までうるおい肌が続くベースメイクの方法や、おすすめアイテムをご紹介します。

2019年2月
メイク

乾燥でメイク崩れがひどい!

夜までうるおうベースメイクをお教えします♡

乾燥するこの季節は、メイク崩れにお悩みの方も多いのでは?朝にはしっかり仕上げたはずでも、夜にはかさついている…なんて経験のある方もいるでしょう。

hair.cm

そこで、乾燥に負けないベースメイクの仕方を学びましょう。朝にメイクしても夜までしっかり持つベースメイクの方法や、おすすめアイテムをご紹介します。

メイク前にしっかり保湿スキンケア

夜のスキンケアから徹底

メイクをする前日の夜からスキンケアを徹底して、化粧ノリの良い肌に仕上げましょう。スキンケアの前に蒸しタオルをすれば、顔の毛細血管を刺激し、血行が良くなって浸透度もUPします。

過剰な皮脂が出るのは、乾燥から肌を守るため。つまり乾燥しているせいなんです。皮脂が出るほど肌が乾燥しているときは、コスメの中で最も保湿力の高い“オイル”でスキンケアを仕上げましょう。

メイク前に洗顔+化粧水重ねづけ

メイクをする前の朝のスキンケアも大切です。しっかりと洗顔し、乾燥しないようすぐに化粧水やブースターを重ねましょう。化粧水をたっぷり使う人もいますが、量より回数を増やした方が、乾燥しにくいです。

3回に分けて化粧水をなじませると、しっとりもっちり肌に。特に乾燥が気になるパーツは重ねづけすると保湿されます。乾燥がひどいと感じるときは、シートマスクなどでパックをするのもおすすめです。

仕上げは乳液でフタをして

朝の肌は、乳液でフタをして仕上げましょう。うるおいつつもべたつかず、メイクのノリも良くなります。特に乾燥しやすい目元はアイクリームを使っても良いでしょう。

コスメをつけるたびに1分置く

スキンケアコスメが肌に浸透する時間を与えるために、1つ使ったら1分放置しましょう。化粧水、1分、美容液、1分、乳液、1分というように。

うるおいチェックでティッシュオフ

記事に関するお問い合わせ