無料の会員登録をすると
お気に入りができます

石川県・歴史と文化、グルメいっぱいの「加賀の國」を巡る旅。

旅行・おでかけ

「加賀の國」とは、北陸の中心都市である金沢市の南西部にあるの6市町のことを指します。今回は、霊宝白山の麓に広がり、それぞれの個性的な魅力がいっぱいな加賀市、小松市、能見市、白山市のおすすめスポットをご紹介します。

【加賀市エリア】総湯巡りや渓谷散策など風情あふれる温泉街を散策。

3つの温泉地がある加賀市エリア。そのうちの1つである山中温泉は、開湯1,300年を誇り、芭蕉の句にも詠まれた伝統の温泉地です。大聖寺川の渓谷沿いに旅館やホテルが立ち並び、鶴仙渓などの自然美を堪能できます。

〈山中温泉 総湯菊の湯〉

天平風の優雅なつくりの総湯は、男湯は重厚な天平風の建物と腰まである深い浴槽が特徴。女湯は曲線が美しい優美なつくりになっています。男湯の前では、温泉卵づくりの体験が楽しめます。
〈山中温泉 総湯菊の湯〉
■ 石川県加賀市山中温泉湯の出町レ1
■ 6:45~22:30
■無休

〈肉のいづみや〉

〈肉のいづみや〉は、能登牛などの厳選された肉を取り扱う精肉店。途切れることなく並ぶお客さんの目当ては「手づくりコロッケ」。店主とおかみさんが手作業で俵形に握ったタネに、細挽きのパン粉を塗して揚げたてを提供。サクサクの衣とホクホクのじゃがいもがたまりません。また、加能豚の「手造り焼豚」も絶品!お土産に最適です。
〈肉のいづみや〉
■石川県加賀市山中温泉南町ニ16-2
■0761-78-0144
■9:00~18:00、日〜17:00
■無休

〈あやとり橋〉

山中温泉と大聖寺川にかかるユニークなS字型のあやとり橋をデザインしたのは、華道家の勅使河原宏氏。他にないデザイン、そして紅紫色のモダンな橋のコンセプトは「鶴仙渓を活ける」。
夜間は風情ある灯りで照らす『Kakusenkei Light』を毎日開催。あやとり橋と桜公園内が“九谷五彩”をイメージした色合いで幻想的にライトアップされ、夜のまち歩きがさらに楽しめます。

〈鶴仙渓〉

北陸屈指の渓谷美を誇る名所である鶴仙渓は、こおろぎ橋から黒谷橋まで遊歩道が整備されており、散策にピッタリ。四季折々の景観と立ち並ぶ奇岩怪石、橋めぐりを楽しむことができます。途中、鶴仙渓川床でスイーツと共に、お茶やコーヒーを味わってホッとひと息。
〈鶴仙渓〉
■石川県加賀市山中温泉あやとりはし付近
■0761-78-0330(一般社団法人 山中温泉観光協会)
■4月~10月は9:30~16:00(11月は10:00~15:00)※雨天及び河川の増水時は中止。

〈料亭 山ぎし〉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ