無料の会員登録をすると
お気に入りができます

とにかく防寒がマスト!”氷点下”の日の正解コーデはこれ!

気温が0度を下回る氷点下の日って、どんな服装が正解…?極寒の氷点下に負けない服装選びのポイントを、おしゃれなレディースコーディネートと合わせて解説。北海道や韓国など旅行で人気の北国に行く時にぴったりな氷点下の服装を紹介するので参考にしてみて♡

ファッション

気温が氷点下の極寒の日は、どんな服装が正解なの…?

wear.jp

気温が0度以下の氷点下の日や極寒の地域に行く時って、どのくらい防寒すればいいのか服装を選ぶのが難しいですよね。普段通りの防寒対策だと気温が0度以下の極寒の地域では全く寒さを防げないので、きちんと服装選びのポイントをチェックしておきたいところ。

そこで今回は、氷点下の服装選びのポイントと、氷点下の寒さに負けない参考レディースコーディネートをたっぷり紹介していきます!

極寒の雪の日でもおしゃれに過ごしたい!あったかかわいい冬コーデ♡ – lamire [ラミレ] https://lamire.jp/68434

極寒の氷点下の服装選びのポイント

まずは氷点下の寒さに負けない服装選びのポイントから見ていきましょう。”氷点下”と一言でいっても、マイナス5度なのかマイナス20度なのかで全く服装は変わってきますよね。今回は〈最低気温が氷点下を下回るのか〉〈最高気温が氷点下を下回るのか〉別に服装選びのポイントをご紹介!

”最低気温”が氷点下を下回る日の服装選びのポイント

wear.jp

最低気温が氷点下を下回る日なら、最高気温は5度くらいまで上がります。ダウンコートやウールのコートなど、冬用のコートであればある程度の寒さはしのげますが、ピタッとタイトなコートだと中に着込みづらいのでおすすめできません。オーバーサイズのコートをチョイスして、中に暖かいトップスを合わせるのがマストです!

wear.jp

昼間は気温0度以上あるから!と高をくくっていると、朝晩の冷え込みに泣くことになるかもしれないので注意して。昼間はそこまで寒く感じなかったとしても、風が入り込みやすい首元はしっかりカバーしておくのが鉄則です。

”最高気温”が氷点下を下回る日の服装選びのポイント

wear.jp

最高気温が氷点下を下回る極寒の日は、1日中気温が0度以下ということになります。そんな日には、風を通さないコート&防寒アイテムで抜かりなく防寒対策して!

wear.jp

”3首”と呼ばれる首・手首・足首は、気温の影響を受けやすい部分。3首が冷えるとそこから全身が冷えてしまいますが、反対に3首を温めることで体全体がぽかぽかとしてくるので、極寒の氷点下の日には必ず死守したい部分です!

zozo.jp

氷点下の日には、服装はもちろんインナー選びにもしっかりこだわって。保温素材や裏起毛のインナーをチョイスすれば、重ね着するよりもずっと暖かい服装が手に入るんです。暖かさはもちろん、必要以上に着膨れして見えないのも女性に嬉しいポイントですね♡

冬のあったかインナー戦国時代!【各社インナー徹底比較】実際どれがおすすめ? – lamire [ラミレ] https://lamire.jp/70805
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ