無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「5分間筋トレ」でくびれに必要な背中の筋肉を育てる!

くびれをつくりたい、と筋トレを始めるとき、腹筋運動にとり組む人は多いでしょう。けれど、確実にくびれを手にいれたいのなら多方面から鍛えていくことが大切。とくに、背中にある広背筋はくびれを強調させるために欠かせない筋肉です。背中は鍛えにくい部位ですが、1日5分の筋トレで、積極的に動かしていきましょう!

桑崎 寛

美容

3つの部位にアプローチする! 手伸ばしスクワット

手伸ばしスクワットは、腰を深く落とすことで、背中とお尻、太ももが同時に鍛えられます。

1、足を肩幅に開き胸を開いて立つ

足は肩幅に広げてまっすぐ立ちます。肩を下げて首を長くして、胸を開きます。両手は自然に体の横に伸ばしてスタンバイ。

2、お尻を落としながら両腕を斜めに上げる

両ひざを曲げて腰を落とし、同時に両腕をまっすぐ上に伸ばします。腰を落とす位置は、太ももが床と平行になるくらいまで。両腕は耳の横で伸ばします。

★1⇔2を15回、2セット行いましょう!

横から見ると

手の先から腰までが一直線を描くように、腕と上体をキープ。太ももが床と平行になるように、腰を落とします。

両腕を上げて おじぎバランス

おじぎバランスは、両腕を伸ばして上体を倒します。鍛えにくい背中にもアプローチ!

1、両腕を上に伸ばしまっすぐ立つ

足は肩幅に開いて立ちます。両腕はまっすぐ上に伸ばし、両腕は耳の横の位置に。お腹、お尻を突き出さないように注意。

2、ひざを軽く曲げて上体を前に倒す

両腕を伸ばしたまま、上体を前に倒します。両ひざは軽く曲げて。骨盤から前に倒れるイメージで行いましょう。背中は軽く反り、両腕は肩の高さでキープします。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む