無料の会員登録をすると
お気に入りができます

クリエイティブカンパニー「NAKED」が手がける日本一早いお花見。”花、そして伝統と革新”の世界へ「FLOWERS BY NAKED 2019 ー東京・日本橋ー」

東京・日本橋三井ホールでは、2018年1月29日(火)〜3月3日(日)まで、花の世界に迷い込んだかのようなNAKEDの新感覚イマーシブイベント「FLOWERS BY NAKED 2019 ー東京・日本橋ー」を開催。

五感で楽しむお花見体験で一足早く春を感じませんか?

ことりっぷ編集部

旅行・おでかけ

東京・日本橋三井ホールでは、2018年1月29日(火)〜3月3日(日)まで、花の世界に迷い込んだかのようなNAKEDの新感覚イマーシブイベント「FLOWERS BY NAKED 2019 ー東京・日本橋ー」を開催。

五感で楽しむお花見体験で一足早く春を感じませんか?

「FLOWERS BY NAKED」とは

クリエイティブカンパニーのネイキッド(NAKED Inc.)が手掛ける、花をモチーフにした体験型デジタルアート展「FLOWERS BY NAKED」。全国通算40万人を動員し、フォトジェニックなイベントとして全国で人気を博しています。毎年新作を発表し、作品をアップデートしながら展開してきた日本橋開催は今回で4度目となります。

テーマは、“花と伝統×革新”

「円窓」

今年は、“花と伝統×革新”をテーマに、生花や植物、美術造作、プロジェクションマッピングなどの映像技術、先進技術を駆使して生み出す、花のイマーシブイベント「FLOWERS BY NAKED 2019 ―東京・日本橋-」。会場の各所では、著名人とコラボレーションしたアート空間が登場します。

志野流香道の次期家元、蜂谷宗苾若宗匠監修の香りと空間演出を合わせた「円窓」は、襖に触れることで光の絵が動き出し、和の香りが漂う空間に。

「茶室 ー調心の間ー」

「茶室 ー調心の間ー」では、古くから客を招き、茶を出してもてなす場として、日本的感性を象徴する空間であった「茶室」をテーマにいけばな草月流とコラボレーション。中に入った人の身体情報が映像によって空間に反映されるなど、いけばなと、映像・音響・センシングなどの先進技術を掛け合わせた作品です。

「360°Around Mt.Fuji」

中心に位置する、日本一早いお花見を象徴する作品「大桜彩 OUSAI 2019」は、古くから外の景色を楽しむものとして日本人に親しまれてきた「川床」を模したスペースが広がっています。大画面に映し出されるのは、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」とコラボレーションした作品。原画を高精細にデータ化することで、肉眼でも見えなかった陰影などが浮かびあがり、その世界観に没入体験することができます。最新のテクノロジーを駆使し、新しく生まれ変わった「富嶽三十六景」の世界を体験してみてください。

食とアートが融合する体験型レストラン「TREE by NAKED」も登場

ネイキッドが手がける食とアートを融合させた体験型レストラン「TREE by NAKED」が本イベントにも登場。本展だけのコラボスイーツをプロジェクションマッピングやVRを駆使した、食体験を通して味わうことができますよ。実際に体験しないと分からない、その不思議な世界を堪能してみてくださいね。

※こちらのショップは要予約

リプトンとのコラボレーションメニュー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ