無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下半身太りを招く足裏と骨格のゆがみをセルフチェック

ライフスタイル

まずはチェック!あなたの骨格はゆがんでいるかも!?

まずは足裏や股関節の歪みについてチェックしてみましょう。ひとつでも思い当たる項目があれば、下半身太りを招く骨格のゆがみがあると考えられます。

・足の親指が小指側に15度以上曲がっている。(外反母趾)
・足指の力を抜いて、親指を甲側に限界まで押したとき、90度以上反る。(浮き指)
・いわゆる「土踏まず」のない扁平足である。
・歩くとき、かかとから着地する。
・O脚、またはX脚である。
・左右で足の長さや靴の減り方が違う。
・脚を組んでいる方がラクだ。
・力を抜いてあお向けに寝たとき、左右の足先の開き方が違う。

足裏にトラブルがあると骨盤がゆがむ! 正しい歩き方を意識しよう

外反母趾、浮き指、扁平足があると、足裏が不安定になり、これを補うため、太ももやお尻ガ発達し、下半身太りの原因となります。
「さらに、外反母趾や浮き指、扁平足は、足指を踏ん張る力が衰えてしまうため、重心がかかとに片寄り、歩くときに足先が外方向へ必要以上に流れる“ねじれ歩行”が生じてしまうのです。ねじれ歩行はひざ関節だけでなく股関節の外側、太ももの付け根の骨である“大転子(だいてんし)”をゆがませます。このゆがみを補うため、さらに余分な筋肉と脂肪が蓄えられ、次第に太ももとお尻が太くなってしまうのです」(笠原先生)

下半身太りを生み出す「ねじれ歩行」を防ぐには、正しい歩き方を意識し実践することが何よりも大切です。
「ひざを伸ばしきり、かかとから着地する歩き方は地面からの突き上げ(衝撃とねじれ)を吸収無害化できず、ひざ、股関節、腰へとまともに伝えてしまいます。いつもよりひざを1~2cm高く上げるようにし、足裏全体で受身を取って歩けるようにしましょう。ゆっくり歩くのではなく、やや早歩きのようなスピードがベストです」(笠原先生)

左:ひざを伸ばしきってかかとから着地は危険!
右:ひざを曲げ、足裏全体で受身を取って歩けるように

すきま時間のストレッチで骨格改善

歩き方を意識した後は、ストレッチで骨格のゆがみを改善していきましょう。

外側に開いたひざを戻す、ひざ締め屈伸運動

脚の内側の筋肉を鍛えることで、O脚となったひざ関節やゆがんだ股関節を正しい位置に近づけます。毎朝晩の歯磨きタイムなどを利用して行いましょう。

下半身の引き締めやヒップアップを促す、開脚運動

ゆがんだ股関節の位置を正常に近づけます。

写真4

写真5

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ