無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カウンターでお茶!?バーのように楽しめるお茶専門店が急増中。

日本茶といえば茶寮、紅茶といえばカフェで飲むイメージ。しかし今、都内ではカウンター席でお茶が飲める専門店が増えています。その様子はバーのよう。

編集部 / Hanako編集部

グルメ

1.ドライフルーツの食感がアクセント。〈東京茶寮〉/三軒茶屋

全国からセレクトした農園の単一品種のシングルオリジン茶葉を、オリジナルの日本茶ドリッパーで淹れてくれる専門店。まず試したいのが、煎茶2種飲み比べとお茶菓子のセット。

月替わりの8種の茶葉から好みの2種を選び、3煎まで温度を変えて提供してくれる。1煎目は70℃の低温で甘みと香りとまろやかさを、2煎目は80℃の高温で日本茶ならではの苦味や渋味を、最後はどちらかを玄米茶にして香ばしさを楽しめる。茶葉そのものの個性や、湯の温度で驚くほど表情豊かに印象を変える煎茶の奥深い世界を体感して。

「ドライフルーツの羊羹」や「米粉のバターサンド」など和菓子の枠にとらわれない茶菓子たち。

「煎茶2種飲み比べ+お茶菓子」1,300円。お菓子は4種から選べる。写真は「貴腐ワインレーズン大福」

(Hanako1145号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yoichiro Kikuchi)

東京茶寮
三軒茶屋駅

東京茶寮

2.〈LUVOND TEA SALON〉お茶を淹れる所作も楽しみな世界最高峰の特別な一杯。/銀座

日本を代表するティーマイスター・伊藤孝志さんによる厳格な選定をクリアした茶葉のみを使用したティーサロン。“体においしい水”にもこだわって淹れる珠玉の一杯を。

「シトラスティーソーダ」1,000円

飲み比べセットもある。日茶・紅茶1,000円~、中国茶2,000円~。

(Hanako1142号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Yumiko Ikeda)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ