無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冷え対策は内側から!体を温める野菜を使ったお弁当おかず7選

オフィスや外出先の温度が低いと、寒い思いをして大変ですよね。そんなときは、お弁当を工夫することで、体を温めてみませんか?今回は、体の内側からぽかぽかになれる、野菜を使ったお弁当おかずをご紹介します!

2019年3月
レシピ

お弁当を食べて温まろう!

まだまだ気温が低い日が続いています。自宅は温かくても、オフィスや外出先が寒くて大変な思いをしている人はいませんか?もしお弁当を持っていく習慣があるなら、体が温まるおかずを食べて、ランチ時間でぽかぽかになりましょう♡

今回は、体を温める作用がある野菜を使った、おすすめのお弁当レシピをご紹介します。冷え対策の代表的な食材には「生姜」がありますが、実は生姜以外にも体を温めてくれる食べ物はたくさんあるんです!早速チェックしていきましょう。

体を温めてくれる野菜の見分け方

寒い時期には温かい料理を食べることが多くなりますが、食材によってはむしろ体を冷やしてしまうことも。体を温める野菜は、おおむね次のいずれかに当てはまるので、選ぶ時の参考にしてみてください。

1. 土の中で育ったもの

一般的に、地中で育つものは体を温めると言われています。根菜類は水分が少ないので体が冷えにくく、またビタミン・ミネラルを多く含んでいるので、血行促進や代謝UPに繋がりやすい食材です。

2. 冬に旬を迎えるもの

冬に旬を迎える野菜の方が、夏場に採れる野菜より体を温める作用が強いと言われています。また、旬の野菜は栄養価が高く安価で手に入りやすいため、そういった意味でも寒い時期には積極的に取り入れたいですね。

3. オレンジや黄色など暖色系のもの

実は、野菜の色でも体を温めるかどうかを見分けることができるんです。

漢方では、オレンジや黄色など暖色系の野菜は体を温め、反対に白や緑、紫の野菜は体を冷やすと言われています。ただしトマトなど、暖色系でも体を冷やす食材も一部あるので気をつけましょう。

食べてぽかぽか!体を温める野菜のお弁当おかず7選

①ちくわとにんじんのうま塩きんぴら

oceans-nadia.com
記事に関するお問い合わせ