無料の会員登録をすると
お気に入りができます

百年の恋も冷める!?ピロートークでやめるべき話

セックスのあと、幸せに包まれてまどろみながら行うピロートークの瞬間は女性にとってとても幸せな時間ですよね。しかしピロートークに話す内容によっては、彼をドン引きさせてしまうかも。そこで、ピロートークで失敗しないためのヒントをご紹介します♡

2019年2月

ピロ―トークの甘い罠♡

彼とのセックスを終えたあとのピロートークは、全てが満たされたように幸せな気持ちになれる時間ですよね。しかしそのピロートークで話す内容によっては、二人の関係を脆弱にしてしまう可能性が潜んでいます。

そんな時間だからこそ、お互いの気持ちを確認し合ったり、2人の将来について話し合うのに最適な時間のように感じられますが、実はそうではありません。

もしかしたら、幸せな気持ちで何気なく会話しているうちに、うっかり彼をドン引きさせてしまうかもしれません。そこで、ピロートークで是非とも気を付けるべき会話についてご紹介します♡

彼の身体についてのダメ出しはNG

情熱的な時間を過ごした直後に、褒める以外のことで彼の身体について触れるのはNG。想像してみましょう。セックスした後に彼から「ちょっと太った?ジムに行ったら?」と言われたらどんな気持ちになるでしょうか?

男性だから気にしないだろうと思って、意外と身体のことに触れてしまいがちです。しかしセックスのあとは特に強調されて聞こえやすいので、うっかり口にしてしまわないように気を付けましょう。

トラブルやケンカを蒸し返してはダメ

セックスしたあとは、彼と真剣に話すのにうってつけの時間のように感じますが、実はそうではありません。ですから現在進行中のトラブルや直前にあった彼とのケンカを蒸し返すのは絶対にやめましょう。

男性によっては、話すことにウンザリして2人の関係を続けることが面倒になってしまったり、抱きしめて誤魔化して解決…なんて不誠実で雑な片付け方をされてしまうかもしれません。

パートナーと話し合いを保つことは大切ですが、彼と向き合うときには、それはピロートーク中ではなくて、別のタイミングで行いましょう。

記事に関するお問い合わせ