無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうつければ長持ちするの?香りアイテムの効果的な香らせ方を教えて

香水やボディクリーム、ヘアミストといった「香りアイテム」。残念なことになんとなくで使っていると、せっかくつけた香りも数時間で消えてしまうなんてことも…。ですがつけ方を工夫すればいい香りを長続きさせることができるんです!

美容

大好きな香りアイテム、いつまでも香らせ続けたい!

大人の女性なら持っていない人はいないであろう、良い香りのするアイテムたち。ところが、ちゃんとつけたはずなのに、数時間で香りを感じなくなってしまったという経験はありませんか?思い返してみると、日常的に使いすぎるあまりなんとな〜くいつも決まった場所に塗ったりつけたり…。

実はそれってかなりもったいないことかも!それぞれのアイテムに「香りが長持ちする部分」があるんです。

今回は定番の「香水」、ケア目的で取り入れることの多い「ハンドクリーム」と「ボディクリーム」、ほのかな香りが楽しめる「ヘアミスト」の4つの香りアイテムが、より楽しめるつけ方をレクチャーします!

香水は<体温が高く皮膚が薄いところ>につけるべし

香りアイテムの定番である香水は、「とにかく香らせたい!」という気持ちが先走るあまり、全身に無駄にシュッシュふりかけていませんか?もしくは手首や首回りなど、ベーシックなパーツのみにつけている人が多いかも。

香水の種類や香りのテイストにもよりますが、実は手首や首など動かす回数が多いパーツは香りが飛びやすいと言われているんです。つけるなら、手首よりもやや上側の肘に近い部分が良さそう。

首筋に香水をふっている人は、耳の裏あたりにシフトチェンジしてみて。皮膚も薄く動かすこともないパーツなので香りが長続きしますよ。

また、体の温かい部分も香りが長持ちするので、おなかや腰回りもおすすめ。ふわっとにじみでるような香りが長続きしますよ。

ボディクリームは<関節>に塗り込んで

強い香りが苦手・ほんのり香るくらいがちょどいい!そんな人はボディクリームで香らせるという方法を使っている人が多め。

そんなボディクリームは、全身はもちろんひじやひざ、かかとなどの関節部分に特にしっかりと塗り込むとほのかな香りが楽しめます。服の奥からふんわり香る香りに癒されてみては?

ハンドクリームは<手の甲>に重ね塗りして香らせるのが◎

ポーチの中に欠かさず入っているハンドクリームは、香り付きのものを選ぶ人が多め。手軽に借りを楽しめるアイテムだからこそ、できるだけ長続きさせたい!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ