無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストレス買いを減らしたい!お金を使わずに気持ちを満たすためのヒント6選

買い物はストレス解消に効果がありますが、頻繁にしていたら貯金ができませんよね。後でカードの請求を見てびっくりしないように、お金をかけずに幸せになれる方法を探してみませんか?

2019年2月
ライフスタイル

イライラを解消したい!

イライラすることが続くと、買い物に行きたくなる女性は多いのではないでしょうか?確かに洋服などを一気に買うと、テンションが上がって幸せな気持ちになりますよね。

もちろん欲しいものを買うのは悪いことではありませんが、ストレス解消の手段にするのはおすすめできません、気分が満たされるまで買いたくなり、無駄な出費が増えてしまうからです。

最近辛いなと思ったら、まずはお金を使わず幸せな気持ちになれる方法を試してみましょう。心の底から満たされれば無駄遣いが少なくなり、幸福感と一緒に貯金も増えますよ。早速その方法をご紹介します。

①大好きな人達にメールする

お金に換えられない大事なものと言えば、人とのつながり。大好きな人たちと過ごす時間は、かけがえのないものです。しかし大人になれば皆それぞれ忙しく、都合が合わなくて会えないことも増えてきますよね。

SNSで相手の近況をチェックするだけでなく、たまにはメッセージを送ってみましょう。昔からあなたのことを知っている人と少し言葉を交わすだけで、ほっとした気持ちになれますよ。

②今日嬉しかったことを書いておく

今日は嫌なことばかりで散々だった…なんて日でも、1つぐらいは良いこともあったのではないでしょうか?美味しいお菓子を食べた、ヘアアレンジが上手くいったなど、嬉しかったことを書き留めておいてください。

できるだけ毎日続けて、落ち込んだときはそれを見直してみましょう。良いことだけ書いてあれば、人生って辛いことだけじゃないかも、と前向きな気持ちになれるはずです。

③「つもり貯金」をする

パーッと遊んで買い物をすれば気分がスッキリするものの、預金残高が減っているのを見ると不安になりますよね。たまには買い物をした「つもり」になって、その分を貯金しておきましょう。

Photo by Kody Gautier / Unsplash

お金で幸せは買えませんが、安心感を得ることはできます。十分な貯金があると思うだけで、イライラせずに済むこともあるのです。

④人に何かをしてあげる

何か良いことがないかなと思ったら、発想を変えてみましょう。つまり、誰かに「良いこと」をしてあげるのです。愚痴に付き合ったりお菓子を差し入れるなど、今すぐできる簡単なことで構いません。

「ありがとう」という言葉には、買い物よりも確実に心を温かくしてくれるパワーがあります。そして、その行いは巡り巡って必ず自分に返ってくるのです。

⑤体が喜ぶものを食べる

食べたいものを好きなだけ食べれば、一時的には気持ちがすっきりするかもしれません。しかし胃もたれがしたり体重が増えていたら、むしろ落ち込んでしまいそうですよね。

www.pexels.com

気分が晴れない日こそ、新鮮な食材を使っていつもより丁寧に料理をしてみましょう。時間がなければ、買ったものを綺麗に盛りつけるだけでもOK。体が喜ぶものを食べる方が、お腹も心もすっきりします。

⑥次の楽しみな予定を立てる

日曜の夜に「あと少しでお休みが終わる」と思うと、どんよりした気分になりませんか?明日からの仕事のことを考えて憂鬱になったら、次の週末やさらにその次の週末の予定を立ててみてください。

「また少し頑張れば楽しいことがある!」と思えれば、そこまで暗い気持ちにはならないはず。さらにワクワク感が続くように、次のGWや夏休みなど長期休暇の予定も一足先に立てておくと良いですよ。

買い物がもっと楽しくなる♡

ストレス解消のための買い物は、どんどんエスカレートしてしまうことが多め。そこまで必要でないものまでどうしても欲しくなり、買ってから後悔することが増えてしまいます。

最近落ち込むことが多いと感じたら、お金を使う前に心に栄養を与えてあげましょう。心が満たされれば、買い物やお洒落をもっと楽しめるようになりますよ。

記事に関するお問い合わせ