無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寒い冬は鍋!体の中から温まり、“ママのキレイを応援する!”鍋料理3選

子どもから大人まで大人気の鍋料理。寒い季節の定番ですが、いつも同じ具材とスープでマンネリ化しがちでもありますよね。そこで、手軽に買える材料で簡単に作れて、おいしいのはもちろん、ママのキレイも応援してくれる鍋料理のレシピを、料理研究家の長田絢さんがご紹介します。

レシピ

TAGSTOCK1/gettyimages

子どもから大人まで大人気の鍋料理。寒い季節の定番ですが、いつも同じ具材とスープでマンネリ化しがちでもありますよね。そこで、手軽に買える材料で簡単に作れて、おいしいのはもちろん、ママのキレイも応援してくれる鍋料理のレシピを、料理研究家の長田絢さんがご紹介します。

関連:「せっかく作ったのに…」好き嫌い・小食、ごはんを食べてくれない子の対処法

プロフィール
料理研究家・栄養士 長田 絢(おさだ あや)
食の大切さを伝える講演やセミナーを各地で開催。2児の母でもあり、食育活動に注力している。商品開発やレシピ制作、テレビやラジオの出演、コラムや雑誌の執筆なども行う。またタレントとしてCM出演や食品メーカーの広告出演など幅広く活躍中。

Japan Food Expert

甘酒ブーム×鍋=「甘酒鶏手羽元とつくね鍋」

写真提供:中埜酒造株式会社/gettyimages

腸内環境を整えるためにおすすめの発酵食品・甘酒は、美肌効果なども期待できます。しょうがの辛みと甘酒の自然な甘みが合わさることで、おいしさ倍増!先に手羽元を焼くことによって香ばしい風味がでて、鶏肉の出汁もしっかりでます。手羽元とつくねの異なる食感が楽しめるのも嬉しいポイントです。

材料(2~3人分)
甘酒(ストレートタイプ)…200ml
※酒粕の入っていない米と米麹原料のものをご使用ください。
だし汁(昆布・鰹節)…400ml
しょう油…大さじ1
しょうが(千切り)…1片(子どもが小さい場合は辛みが出るので材料から抜く)
鶏手羽元…6本
鶏ひき肉…150g
水菜…150g
えのき…100g
長ねぎ…1本
油揚げ…2枚
ごま油…大さじ1
A【長ねぎ(みじん切り)…1/4本分、酒…大さじ1、片栗粉…小さじ1、しょうが(すりおろし)…小さじ1、いりごま(白)…小さじ1、塩…少々】

甘酒鶏しょうが鍋の作り方

1.鶏手羽元は骨に沿って切り込みを入れる。
2.水菜は4cm幅に切り、えのきは石突きを取りほぐす。長ねぎは斜め切りにする。
3.ボウルに鶏ひき肉、Aを入れて粘りが出るまで混ぜる。
4.油抜きした油揚げを縦半分に切ってから、横4等分に切る。
5.鍋にごま油をひいて①を焼き、だし汁を入れてふたをして約10分煮込む。
6.5にしょう油・しょうが・甘酒を入れ、③と④を入れて煮込む。長ねぎ・水菜・えのきを入れ、さっと煮る。

鍋のシメには、うどんがおすすめです。お好みで、かまぼこ、鰹節、ほうれん草などをトッピングして、大人の方は七味唐辛子などを仕上げにふってもおいしくなります!

とろとろまるごとカマンベールチーズ×鍋=「カマンベールチーズのミルフィーユ豆乳鍋」

写真提供:長田 絢/gettyimages

白菜と豚肉をミルフィーユ状に重ねて見た目にも華やかな鍋。豆乳には女性に嬉しいホルモンバランスを整える働きがあり、ダイエット効果もあると言われています。豚肉には疲労回復に効果的なビタミンB1、白菜には消化を助ける効果や病気の予防に効果の高いイソチオシアネートが含まれています。大人にはアクセントに粗びき黒コショウをふるのがおすすめです。

材料(2~3人分)
白菜…1/6株
豚ロース肉(薄切り)…300g
長ねぎ…1本
カマンベールチーズ…1ホール
水…300ml
豆乳…300ml
コンソメ(顆粒)…大さじ1
塩・コショウ…各適量
粗びき黒コショウ…適宜

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ