無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寒さと乾燥に負けがちな冬、うるおいチャージには「山芋」

レシピ

冬にため込んでしまったものを、春に向けて立て直す

まだまだ寒さの厳しい時期ですが、昼間の時間がじょじょに長くなって、季節は春に向かいます。東洋医学では、春は「発陳(はっちん)」。「陳(古いもの)」を発散し、春の日とともに万物が発生する季節といわれています。暦が春に変わる今の時期は、ちょうど冬と春の境目。春にのびのびと活動を始めるためにも、冬にがんばった体をしっかり立て直しておきたいですね。

冬の間は、寒さと乾燥で体が消耗しがち。風邪やインフルエンザ、胃腸炎なども流行しますから、病気と闘った体には生命エネルギーの元である「気」を補う必要があるでしょう。「気」は体の新陳代謝を促進するパワーの源なので、「春から運動して脂肪を燃やそう!」というときの原動力になり、ため込みやすい体の改善をあと押ししてくれます。

もうひとつ、春が本格化する前に補いたいのが「うるおい」です。秋から冬の間は、外気も室内も乾燥が激しく、肌も体内も深刻なうるおい不足に。皮膚や粘膜が乾燥するとバリア機能が低下し、花粉や汚染物質、ウイルスに対する抵抗力が低下します。春に多い肌荒れや「ゆらぎ肌」にも陥りやすくなるから要注意です。

気とうるおいの両方を補う美容&老化防止食材

そんな今の時期におすすめの食材は「山芋」。昔から精のつく食材として知られる山芋は、「山薬(さんやく)」といわれ、漢方生薬のひとつです。「気」を補うパワフルな食材でとくに老化防止に関係のある五臓の「腎」に働きかけるとされています。

山芋のすぐれた点は、「気」を補うだけでなく、体をうるおす力も強化してくれるところ。「気」とうるおいの両方を補うことができるから、寒さと乾燥の冬を乗り越えてきた体にもってこいの食材なのです。

山芋は、生で食べるのはもちろん、スライスして焼いたり、ジャガイモの変わりに煮ものやみそ汁に入れたり、いろいろな料理に活用できます。水分の多い長芋、粘り気の強い大和芋、自然薯など、いくつかの種類があるので、シャキシャキとした食感を生で楽しむなら長いも、モチモチとした粘りを楽しみたいなら大和芋と、料理に合わせて選んでください。

山芋のおすすめレシピ

やまいもと野菜の炒めもの 1食分109kcal

<材料(2人分)>

長いも 150g
にんじん 1/4本
しいたけ 2枚
たまねぎ 1/4個
しょうが 1/2片
黒きくらげ(乾燥) 3g
いんげん 6本
ごま油 大さじ1/2


薄口しょうゆ 大さじ1/2
酒 大さじ1
塩、こしょう 少々

<作り方>

(1)長いもは皮をむき、にんじんは皮つきのまま短冊切りに、しいたけとたまねぎは5mm厚さに、しょうがはみじん切りにする。黒きくらげはたっぷりの水でもどし、石づきを取りひと口大に切っておく。
(2)にんじんをといんげんは約1分塩ゆでし、いんげんは斜め細切りにする。
(3)フライパンにごま油としょうがを入れて熱し、香りがたったらたまねぎ、長いも、しいたけを入れて中火で炒める。野菜がしんなりしたら黒きくらげとにんじん、いんげんを加え、Aで味を調えて混ぜあわせたら火を止める。

長いもとほうれんそうのふわふわグラタン 1食分268kcal

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ