無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今までやってたこと意味ないかも?二日酔い対策のウソ・ホント

お酒を飲みすぎた翌日の、しんどい二日酔い。少しでも和らげるために対策しているかと思いますが、実はそれ、間違っているかも?迎え酒がいいとか、ラムネが効くとか…巷でよく聞く対策は果たして正解なの?ウソ・ホントを管理栄養士の先生に聞いてみました。いざというときのために”二日酔いの対策”についての答え合わせをしていきましょう。

ライフスタイル

二日酔いはどう予防するのがおすすめ?

お酒の場ではやっぱり水分を取りながら楽しむのが良いです。それと同時に一緒に食べるフードにも気をつけてみてください。なるべく加工のされていないメニュー、例えば枝豆やお刺身、焼き鳥などがおすすめ。素材の栄養が取れて、自然とエネルギーを補ってくれます。あとは最後にお味噌汁を飲むこと。内臓の環境を整えて、ミネラルを補ってシメてください。

二日酔いになってしまったときはどうしたらいい?

1番は、とにかく水分をこまめに取ってあげること。その後はリラックスして過ごして、食事はお腹が空くまで待ってあげてください。無理して食べると体内がアルコールの分解と、食事の消化とで大変なことに。二日酔いのときの食事は、果物・海藻サラダ・スープなど消化に良いものを選んであげて。パンや麺類はNG。

大人女子なら二日酔いの正しい対策を知っておきましょう

ならないのが1番だけど、大人女子なら二日酔いの予防とその後の対策知っておくのが良いかも。

監修

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ