無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「早く結婚しなよ」“世間の声”に苦しむ女性に贈る、縛られない生き方

「早く結婚しなよ」「もう若くないんだから」「女子力上げないと」…こんな “世間の声”に苦しんでいる女性はいませんか。あなたの人生はあなただけのもの。誰にも邪魔されないように、そんな世間の声に縛られずに生きていく方法を紹介します。

2019年2月
ライフスタイル

“世間の声”が苦しい…

あなたらしく生きる方法を考えましょう

一生懸命生きているのに、ふとしたときに“世間の声”が飛んできて、あなたを苦しめることはありませんか。そうやって“常識”的なことを言われると、自分が責められているようでつらいですよね。

Photo by AO / Unsplash

そんな、女性たちを苦しめる“世間の声”に縛られず、あなたらしく生きる方法をお伝えします。

恋愛

恋愛の答えは二人の中にしかない

自分の恋愛に対して、「その人どうなの?」「変わったカップルだね」なんて世間の声が飛んできたことはありませんか。当人が幸せそうならそんなこと言う必要がありませんし、わざわざ言う人はマウンティングしたいだけです。

恋愛は当事者が幸せなら、それが二人の形です。不倫や略奪など誰かを犠牲にして成立した恋愛や、パートナーをないがしろにするような人なら、祝福されないのも仕方がない部分はあります。そうではないなら、二人が幸せならそれでよし。

ただ、少し気にしてほしいのは、親しい人からの「別れた方がいいよ」という助言。よっぽどでなければ言うことではありませんし、あなた自身が本当は苦しいと感じているのに現実から目を背けているのを、その人は気づいているのかもしれません。あなたを思ってくれている人の助言は受け入れて、客観的な視点で自分の恋愛を見つめ直してみましょう。

結婚・出産

生きているだけで素晴らしいことだから

女性が年齢を重ねると、“結婚”に対するプレッシャーをかけられる時期があります。「結婚しないの?」「早く結婚しなよ」「結婚適齢期だね」。親切心から言う人もいます。

Photo by Valerie Elash / Unsplash

こちらのウィークポイントを指摘して、「そんなんだから結婚できないんだよ」と結びつけてくる人も。結婚しても、今度は「子どもは生んでおいた方がいいよ~」と出産のプレッシャーがやってきます。

Photo by Julia Caesar / Unsplash

人は全員考え方が違い、「結婚したいorしたくない」というのも意見が分かれるのは当たり前。どちらを選んでも良いのです。どちらが偉いなんてありません。人は生きているだけでもう素晴らしいのです。

記事に関するお問い合わせ