無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬の方が痩せる♡効果が出にくい下半身脂肪を燃やす宅トレ10

実は冬が痩せやすい季節だとご存じですか?ダイエットの成功率が高い冬のうちに、なかなか痩せない下半身の宅トレにトライしましょう。

2019年2月
美容

ダイエットするなら冬がベター

痩せにくい下半身も寒いうちにLet's 宅トレ♡

ダイエットをするなら冬がおすすめだとご存じですか?冬は寒いので、体が体温を上げようとして、基礎代謝が上がることが理由です。特に痩せやすいのが1~4月。

そんな寒い季節のうちに、痩せにくい下半身を集中的に鍛えれば効果も出るはず。そこで、下半身の脂肪を燃やす宅トレをご紹介します。腰肉、お尻、太ももなど脂肪がつきやすいパーツ別に、家で行えるエクササイズを学びましょう。

むっちり腰肉をやっつける!

1.お腹&お尻も鍛える腰肉撲滅エクササイズ

腰肉がむっちりとしていると、後ろ姿が美しくありません。下半身をスッキリ見せるためにも、腰肉を撲滅させましょう。横になって体側で支える宅トレなら、腰肉はもちろん、お腹やお尻まで鍛えられます。

instagram.com

①体を横にして、肩の真下に手を置く。
②腕側の足の膝を曲げる。
③もう片方の足は伸ばして、体を一直線に。
④体側がブレないように、足を上げ下げ。
⑤腰を床につけて、膝を曲げて、足を上げ下げ。

2.むっちり下半身には反り腰改善ピラティス

腰を反らしすぎる、反り腰になっていませんか?反り腰だと筋肉の付き方がアンバランスになってしまいます。その影響で下腹や腰肉がつきやすく、脚のラインも崩れてしまうのです。そんな反り腰を改善する宅トレにトライ。

instagram.com

①膝を曲げて床に座る。
②背中を丸めながら、腰から床につけていく。
③骨盤を後傾するように。
④ゆっくり戻していく。
⑤手は楽に。
⑥太ももではなく下腹に力を入れる。
⑦慣れてきたら、背中全部をつける。
⑧ゆっくり戻す。

お尻は上・下・横から鍛え上げる!

3.お尻の“上”に効かせるうつぶせレッグアップ

お尻も鍛え上げることで、ぷりっと上がった美尻になれます。お尻のパーツごとにトレーニングすれば、よりピンポイントに引き締められます。まずはお尻の“上”に効かせる宅トレです。

instagram.com

①うつぶせになる。
②ひざを曲げて、かかと同士を合わせる。
③脚をゆっくりと上げ下げ。
④お尻の上部を意識しながら、繰り返す。

4.お尻の“横”を鍛えるサイドアップ

お尻の横に脂肪がたっぷりあると、体のラインからはみ出ているようで、体型が崩れて見えてしまいます。お尻のサイドを鍛えることで、美しいラインのヒップになりましょう。

instagram.com

①体を横にして、腕は肩の真下でひじを付く。
②下側の脚は膝を90度に曲げて。
③上側の脚の膝を曲げて、ゆっくり上げ下げ×5回。
④膝と爪先を順番に床につける×8回。
⑤膝を前に曲げて床につけて、斜め後ろに伸ばす×10回。
⑥斜め後ろに伸ばした脚を、上げ下げ×10回。
⑦斜め後ろに伸ばしたまま、膝を曲げて足をお尻へ×3回。

5.お尻の“下”を引き締めるヒップアップエクサ

お尻の下がたるんでいるのも、形が崩れて見えます。お尻の下を鍛え上げて、ぷりっと美尻を目指しましょう。

instagram.com

①四つん這いになる。
②膝を外側に向けて開く×20回。
③膝を斜め45度に開いて、天井に向けて上げる×20回。
④つま先を左側の壁に向けて蹴る×20回。
⑤膝を外側に向けて、つま先とかかとをくっつけるようにして足を下ろす×20回。

ぷるぷる内もも、なかったことに

6.骨盤を整えるレッグクロス

なかなか痩せない太ももの中でも、特に脂肪がつきやすいのが内側です。ぷるぷるのお肉を撃退すべく、内ももの筋肉を鍛えましょう。

instagram.com

①下腹凹ませて、背中を丸める。
②上半身を倒しつつも、床にはつけず。
③脚を浮かせて膝をそろえる。
④手は楽にするか、きつかったら床に。
⑤脚を交互にクロスさせる。

7.寝ながら簡単!脚パカ

激しい運動が苦手という人におすすめなのが、仰向けに寝ながらできる脚パカ。脚を開いて閉じるだけの、簡単エクササイズです。

instagram.com

①仰向けになる。
②壁にお尻をつけて、脚を上げる。
③内ももの伸びを感じながら、足を開いて閉じる。
④膝は伸ばしたまま。
⑤10回×3セット繰り返しましょう。

8.上級者向け!うつぶせ脚パカ

通常の脚パカに慣れた方は、上級者向けのうつぶせ脚パカを行いましょう。内ももはもちろんお尻にも働きかけるので、ヒップアップ効果もある宅トレです。

instagram.com

①うつぶせになる。
②脚を上げる。
③つま先を外側に向けて、開いて閉じる。
④膝は伸ばしたまま。
⑤疲れるまで繰り返しましょう。

太ももは裏を重点的にエクササイズ!

9.お尻と太もも裏に効くスクワット

スッキリとした下半身のためには、太ももの裏を鍛えましょう。後ろ姿まで完璧になれます。家でも行えるスクワットは、きちんとしたやり方を心得ることで、お尻や太ももにしっかりと効きます。

instagram.com

①脚を肩幅に開いて立つ。
②股関節から折り曲げるように、膝を曲げて、腰を下ろす。
③お尻と太もも裏を意識しながら、腰を上げる。
④これを繰り返しましょう。

10.下半身強化ヨガ

太もも裏を中心に、下半身全体を鍛えられるヨガもあります。こちらは妊婦さん向けのヨガですが、妊娠していなくても効果があるエクササイズです。

instagram.com

①四つん這いになる。
②右上を前に伸ばし、左脚を後ろに伸ばす。
③足首が90度になるようにすると、太もも裏に効く。
④腕と脚を下ろす。
⑤左右交互に繰り返す。

寒いうちにスリムな下半身をGET♡

基礎代謝率が高まる寒い時期にトレーニングすることで、痩せにくい下半身もスリムになるはずです。下半身を鍛え上げて、肌を見せる季節までには、美ボディになっておきましょう。

記事に関するお問い合わせ