無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女性の不調「冷え性・生理痛・PMS・更年期障害」が軽減するお風呂の入り方を紹介!

ライフスタイル

女性ならではの症状といっても、圧倒的に女性に多い冷え性から、個人差が大きい生理痛やPMS(月経前症候群)、更年期障害。重い場合は日常生活に支障が出てしまうほど。その症状を少しでも軽くするために、『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案 最高の入浴法』の著者で医学博士の早坂信哉さんに、冷え性改善のお風呂の入り方を教えていただきました。

早坂 信哉

そもそも冷え性とは?

多くの女性を悩ます冷え症。ある報告によると女性の2人に1人は冷え性ともいわれています。しかし、驚くことに海外では「冷え」という概念がないそう。そのため、日本人特有の症状ともいわれているといいます。

「女性のほうが『冷え』を訴えるのは、男性よりも筋肉量が少ないからといわれています。筋肉は、血流をよくして熱を作る働きがあります。現在、『冷え』は一般的に、『体に自覚的な冷えの苦痛がある』『体幹と末梢の温度差が大きい』『いったん冷えると体温の回復が遅い』などの症状があります」

冷え性の人は熱いお湯に入ってはダメ⁉

冷え性の対策として、体を温めることがポイントですが、熱すぎるお風呂にはいるのは間違いだといいます。

「確かに、42℃以上のちょっと熱めのお湯に浸かると、体温も一時的に上がり、手足の皮膚の表面温度も上がります。しかし、熱いお湯で急に体温を上げても、体の温まりは持続しないので要注意です。といいますのも、人は急激な体温上昇があると、汗をたくさんかいて体温を下げようとしてしまうからです。そのため、急速に体温は下がってしまうので、冷え性は改善されません。

冷え性の対策としては、40℃~41℃程度のお湯に10分程度入りましょう。少しぬるめのお湯に長めに浸かって、体の中から温まることが重要なのです」

次のページでは、生理痛・PMS・更年期障害が改善するお風呂の入り方をご紹介。

生理痛やPMSのときの入浴方法とは?

生理痛やPMS(月経前症候群)といった月経前後には、ホルモンバランスの崩れや、子宮の変化などで、頭痛や吐き気、イライラやうつ症状などが起こります。

「月経前後の体調不良には、入浴の温熱効果で血流をよくして、リラックスすることで症状がやわらぎます。生理初日~2日目はシャワー程度で済ませ、3~4日目からは湯船に浸かって体を温めるのがポイントです。40℃のお湯に15分浸かり、出る直前に42℃のお湯で追い炊きをして下半身をしっかりと温めましょう。

生理中の入浴は、決してタブーではありません。経血が流れ出る心配があるかもしれませんが、湯船の中では水圧で抑えられているので出ることはありません。ただし、湯船から出るときに流れ出る可能性があるので、家族と同居している場合は最後に入るようにするなど工夫をしましょう。ぜひ入浴して、ゆっくり体を温めてください」

更年期障害を軽くする入浴法とは?

閉経前後にホルモンバランスが乱れることで、自律神経の働きが悪くなりさまざまな不調があらわれる更年期障害。頭痛やめまい、肩こりなどの身体的な症状から、うつやイライラなどの精神的なものまであり、現れる症状は人それぞれ。

「更年期障害については、ある研究によれば『40℃のお風呂に毎日、5分入浴→休憩→5分入浴→休憩→10分入浴と反復して入ることで、症状が改善された』という報告があります。更年期障害は、自律神経の乱れからくるので、その働きを正常に戻すように、毎日決まった時間にお風呂に入り、しっかりと睡眠をとるといった規則正しい生活を送ることも重要です」

参考書籍

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ