無料の会員登録をすると
お気に入りができます

25kgやせにも成功したダイエット外来の医師がすすめる!「おかずみそ汁ダイエット」

25㎏やせた医師が考案した「おかずみそ汁ダイエット」。じつはそのみそ汁を食事の最初に食べると、食べ過ぎてしまう
クセをリセットして、スルッとやせられるんです! なんでみそ汁がいいの? やせるための食べ方のコツはある? 著者である工藤孝文先生のお話をもとに、その理由とレシピを紹介します。

工藤 孝文

美容

〝みそ汁ファースト〟がやせる食べ方の新常識!

ストレス発散でドカ食いしたり、イベント続きで満腹まで食べるクセがついたりしていませんか? この太る食べグセをムリなく改善できるのが、おかずみそ汁ダイエットです。
「食事の最初に野菜を食べるベジファーストよりも、さらに減量効果が高いのが、具だくさんのおかずみそ汁をはじめに食べる〝みそ汁ファースト〟です。みそには、食物繊維と似た働きをする褐色色素成分のメラノイジンが含まれ、みそ汁の具の食物繊維と合わせてとることで、血糖値の急上昇を抑制。体に脂肪がつきにくくなります。さらに、熱々のおかずみそ汁をフーフーしながら食べれば自然と食事のスピードがゆっくりに。腹八分目で満足できるようになり、健康的にやせられます」(工藤内科 副院長・工藤孝文先生)

おかずみそ汁ダイエットの効果

1 みそのメラノイジンと具の食物繊維で脂肪を落とす
みそに含まれる褐色色素成分のメラノイジンが消化酵素の働きを抑制し、消化速度をゆっくりに。さらに、みそ汁の具(野菜、きのこ、海藻など)の食物繊維の働きで血糖値の急上昇を抑制。食べたものを脂肪にしにくくします。

2 食事の最初にフーフーして食べるとムリなく食事量を減らせる
食事のはじめに、おかずみそ汁をフーフーと息を吐いて冷ましながら食べることで副交感神経のスイッチが入り、リラックスモードに。ストレスによるドカ食いを防ぎます。また、だしのうまみ成分には満腹感を持続させる効果も。

おかずみそ汁ダイエット3つのルール

ルール1 みそ汁1杯に1/2日分の野菜を入れる
おかずみそ汁には、低カロリーで食物繊維がとれる野菜をたっぷり入れるのが基本。P45~46のレシピには1日分の野菜350g分※を使うので、1杯で1/2日分の野菜がとれます。肉や魚介をプラスすれば主菜に変身! 食べ過ぎをリセットしたいときは、おかずみそ汁1品だけにしてもOK。

ルール2 食べる順番はみそ汁ファースト
ます。ハフハフして口の中を刺激することもドカ食い防止効果あり。食べきったら、あとは主菜、主食を自由に食べましょう。血糖値の上昇がゆるやかになり、体脂肪がつきにくくなります。

ルール3 1日に1食はみそ汁を食べる
ライフスタイルに合うタイミングで、1日1食はおかずみそ汁を食べましょう。特にダイエット効果を得やすいのは、夕食にとること。夜間はエネルギー消費量が少なくなるため、おかずみそ汁を夕食の最初にとって食べ過ぎを防止すれば、体に脂肪がつくのを防げます。

※厚生労働省『健康日本21(栄養・食生活)』の成人1日あたりの野菜の摂取目標値350g以上。レシピは、野菜にきのこを含みます。

では実際にダイエットにおすすめのみそ汁レシピをご紹介します!

やせ効果別 おかずみそ汁レシピ

ごろんと大きな鶏だんご入りで大満足「鶏だんごと白菜のおかずみそ汁」

「食べ過ぎリセット」におすすめのみそ汁。飲み会、パーティなどのイベントで食べ過ぎたら、食事を肉入りのおかずみそ汁1品に。とり過ぎたぶんのカロリーを調整できます。

材料(2人分)
鶏ひき肉…150g
長ねぎ…1本(100g)
白菜…2枚(200g)
しめじ…1/2パック(50g)
A 片栗粉…小さじ2
A 酒…小さじ1
A しょうがのすりおろし…小さじ1/2
A 塩、こしょう…各少量
だし汁…2カップ
みそ…大さじ1 1/2

作り方
1 長ねぎは半分をみじん切りにし、残りを1㎝幅の斜め切りにする。白菜は3㎝幅に切り、しめじは石づきを切り落としてほぐす。
2 ボウルに鶏ひき肉、みじん切りにした長ねぎ、Aを入れてよく混ぜ、ひと口大のだんご状に丸める。
3 鍋にだし汁、白菜を入れて煮立たせ、長ねぎ、しめじ、2を加えて具材に火が通るまで煮る。
4 弱火にしてみそを溶き入れ、ひと煮立ちさせて器に盛る。野菜たっぷり!

Diet Point!
肉だねに長ねぎをたっぷり混ぜて食べ応えアップ鶏だんごの肉だねに、みじん切りにした長ねぎをたっぷり混ぜ込んでボリュームアップ。

1人分219kcal

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ