無料の会員登録をすると
お気に入りができます

千波式、股関節まわりのストレッチ&エクササイズで美脚を目指せ!

インスタグラムやブログなどで、数々のダイエット情報を公開している、人気美容家&ダイエットコーチの千波さん。今回は、脚やせやヒップアップにも効果的な、ストレッチ&エクササイズを教えていただきました。

千波 Chinami

美容

下半身やせのカギをにぎるのは、脚の動きに関わる股関節!

「下半身やせに欠かせないのが、股関節まわりのストレッチ&エクササイズです。股関節は、脚のつけ根にある大きな関節のこと。お腹の深層部にある腸腰筋、大殿筋や中殿筋などのお尻の筋肉、太ももの大腿四頭筋などの大きい脚の筋肉も、すべてこの股関節の動きに関わっています。ところが股関節がかたくなってしまうと、それらの筋肉が十分に機能せず、脚の可動域が狭くなって歩幅が小さくなり、お尻を使って歩けなくなるため、運動量そのものが減ってしまうのです。そのため、お尻がたるむ、血行の滞りから、むくみを招き、結果的に脚が太くなってしまいます」(千波さん)

また、股関節はリンパの流れとも大きな関係が。

「股関節は脚のつけ根にありますが、この付近には下半身の巡りをつかさどる、大きなリンパ節があります。リンパは余分な水分や不要な老廃物を流して、巡りをよくする、要となるもの。つまり、股関節の動きが悪くなると、リンパの流れの滞りと直結してしまうため、脚が太くなりやすくなるのです。歩幅が狭い、脚が太い、むくみやすい人は、股関節がかたくなっている可能性があるので、まずはストレッチで十分にほぐしましょう。そのうえで下半身を鍛えるエクサイズをとり入れると、脚全体が引き締まってきます」(千波さん)

千波さんおすすめの股関節ストレッチ&エクササイズをさっそくチェックしてみましょう!

四股ふみ股関節ストレッチ

相撲の四股のように、両脚を左右にしっかり開いて行うストレッチ。かたくなった股関節を柔軟にします。

1)両脚を腰幅の2倍くらいに広げて立ち、つま先を外側に向けます。

2)両手をひざに置き、太ももと両ひざが床と平行になるまで、お尻を落とします。

3)左肩を内側に入れ、左手で左ひざを押しながら、左の股関節をしっかり伸ばします。そのまま20秒キープし、反対側も同様に。

ひざつきストレッチ

深層部にある筋肉「腸腰筋」を伸ばすと同時に、股関節の前後の柔軟性を高めます。

1)脚を前後に大きく開きます。つま先は前に向けます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ