無料の会員登録をすると
お気に入りができます

最近すれ違ってばかり…危険信号のカップルが元通りになれる方法

恋人と最近すれ違っているなと感じている人はいませんか?生活スタイルが合わず会えなかったり、価値観が合わなかったり…。だからといって別れたいわけではないのなら、二人が元通りになれる方法を考えましょう。

2019年2月
恋愛・結婚

彼とすれ違う…

ぶつかりたくはないのに

彼とすれ違っていると感じることはありませんか。お互いに忙しく時間が作れなかったり、生活スタイルが合わなくなり、なかなか会えなかったり。久しぶりに会えたと思ったら会話が噛み合わない、何か気まずい、ケンカばかりしてしまう…。

ケンカが重なるたびに、価値観の違いを感じ始めているかもしれません。でも、彼と別れたいわけではなく、また仲の良い関係に戻りたいと思っている人もいるでしょう。そんな思いを抱いている人のために、すれ違った恋人と向き合う方法をご紹介します。

あなたは彼とどうなりたい?

まずは自分の本音を知る

まずは自分の気持ちの整理をしてみましょう。彼に見せるわけではないので、ここでは彼に対するマイナスな気持ちも含めて本音と向き合うことが大切です。

「私はこれだけ頑張ってるのに、わかってくれない」「寂しいのに会えないのがつらい」「彼のこの考え方だけは受け入れられない」「でもケンカはしたくない」…自分の気持ちを吐き出し、自分自身で受け止めましょう。

彼や自分を否定する言葉もあるかもしれません。そう思ってしまったことは責めなくて良いのです。あなたの本音を、あなた自身が認めるだけで心が楽になります。

次に彼の立場になってみる

自分の気持ちの整理がついたら、彼の立場になって考えてみましょう。彼の性格や今までの関係性から、自分の気持ちでは否定していたことも、彼には彼なりの考えがあったことを理解できるはず。

忙しくて“会いたい”と言われても、仕事でいっぱいいっぱいだったのかもしれません。傷つける意思はなかったのかも…。彼の気持ちに寄り添えば、あなた自身も納得できる部分が見つかります。

「私ばかり」と思っていたけれど、彼も「俺ばかり」と思っていたかもしれません。それは二人とも頑張っていたのです。お互いに頑張っていたけれど、心の余裕がなく、すれ違ってしまったのではないでしょうか。

じゃあ、彼とどうなりたい?

自分の気持ちを整理して、彼の気持ちにも寄り添ってみて。そこからあなたは彼とどうなりたいですか?修復不可能だと思えば、別れも選択肢の一つです。しかし、すれ違ってもまた仲良くなりたいと改めて思う人もいるでしょう。

そして、今後のことを具体的に考えましょう。もっと会いたいのか、会えないならどうしてほしいのか、価値観の違いをどう擦り合わせるか、自分なりに「こうなりたい」という答えを見つけましょう。

まずは二人で楽しめることをしよう

話し合うより前に、心をほぐそう

いきなり話し合うよりは、まずは二人で楽しめることをしましょう。ハッピーエンドの映画を見たり、彼が好きな料理を作ったり、一緒においしいご飯を食べに行ったり…。

すれ違った冷たい感情のまま話し合ってしまうと、意図せず相手を深く傷つけてしまうこともあります。心をほぐしてからの方が、お互いを傷つけずに、落ち着いた話し合いになるでしょう。

すれ違いを切り出すときは明るく

落ち着いて、明るく

いよいよ、すれ違いについて話し合いを切り出す瞬間。感情的になってしまうと怒りや悲しみが前に出てしまい、気持ちが伝わらないこともあります。なるべく落ち着いて。それでも深刻になりすぎず、努めて明るく言いましょう。

明るく言おうとしてくれる、ということにあなたの気遣いを感じて、彼の心にも響きます。

自分の“気持ち”と“意思”を伝える

本音に気づいてもらう

最初に、整理した気持ちを伝えましょう。まずはあなたの“気持ち”。あなたが思ったことを隠さなくて良いです。むしろ伝えて、彼に理解してもらいましょう。

「寂しかった」「どうしたら良いかわからなかった」「会う時間を作りたかったけど、自分のことでいっぱいいっぱいだった」言葉で伝えることで、彼はあなたがどう考えていたのか初めて知ることもあるでしょう。

自分は「こうなりたい」から提案

すれ違っている関係について、自分はどうしたいのかも伝えましょう。まずは今後の関係について、「これからも一緒にいたいと思う」とハッキリ伝えましょう。

そのためにはどうしたら良いのか、「こうなりたい」というこれからの二人への“提案”をしましょう。関係を続けるなら、会える時間が少なくても、すれ違っていても、もっと良好になるように何かしら工夫はできます。

「ちょっとでも電話で声が聞けたらうれしい」「一日一回はメッセージを送り合おう」「頑張ってるのはお互い様だから、お互いに褒めて、応援し合おう」など、お互いの気持ちを尊重しつつ、できることが見つかるはずです。

相手の気持ちもきちんと聞く

これから二人の話し合いが本番

自分が言っただけで満足はせず、彼の気持ちも聞きましょう。もしかしたら彼から反対意見があるかもしれません。彼が納得できないこともあり、あなたがそれに納得できなければ、納得できるまで話し合いましょう。

「わかってくれない」と諦めたり、「私が我慢すれば」という気持ちで終わってしまっては、これからも「私ばっかりが飲み込んでる」と思ってしまいます。それでは意味がありません。お互いにもやもやが消えるまで、尊重することを忘れず話し合いましょう。

すれ違いを乗り越えれば、もっと仲良くなれる

お互いに尊重し合って

違う人間なので、ちょっとしたことですれ違ってしまうことはあります。それでも一緒にいたいとお互いに思っているなら、きっとできることがあるはずです。

まずは自分の気持ちに寄り添うこと。そして、相手の気持ちも尊重すること。お互いに思いやりながら話し合えば、きっとすれ違いは解消されて、今まで以上に仲を深めることができますよ。

記事に関するお問い合わせ