無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都のパン]このごろ京都で流行ってる最新パン屋さん4選_京都NEW WAVE案内

グルメ

古きよき伝統を大切に守り継ぐ一方で、新しいものも大好きな京都人。今、地元で注目されている、新しいパン屋さんを、京都在住の案内人・中野弘子さんがご案内します。和食のイメージが強い京都だけど、意外にもパンの消費量は日本一。そんなパン好き京都人たちが注目する2017、2018年オープンの新店パン屋さん・ベーカリーの中から。国産小麦や発酵にこだわったパンから変わり種のコッペパンまで、最旬パン屋さん4軒をご紹介

(上)レーズン酵母を使用した、もっちり&しっとりの食パン「N」432円  (左下)あんこがぎっしり詰まった「8」のあんぱん216円など、おやつパンも (右下)「お客様との会話も大切にしたい」と対面販売に

【2018.03 OPEN】
_AND Bread kitayama

バゲットや食パンといったテーブルパンを中心に、約20種のパンがショーケースに並ぶ。どれも千葉大介シェフが、厳選した小麦粉の配合や発酵具合などに気を配って、丁寧に焼きあげている。

SHOP DATA

_AND Bread kitayama (_ アンドブレッドキタヤマ)
TEL.075-746-2223
住所/京都府京都市北区上賀茂高縄手町88-3
営業時間/7:00~17:00( 売り切 れしだい閉店)
定休日/金(ほか不定休あり。Facebook、店頭で告知)
予約/可 (受付は店頭のみ)
カード/不可
アクセス/地下鉄烏丸線北山駅より徒歩5分

(上)いちばん人気のパンドミー330円 (左下)カンパーニュ660円。石臼挽きのライ麦を2種ブレンドし、自家製レーズンを加えた、吉田パンの代表作 (右下)パン職人の吉田祐治さんは、独立して10年の節目に新工房での販売をスタートした

【2018.03 OPEN】
吉田パン

京都と東京の有名レストラン御用達のベーカリーが松ヶ崎に移転し、土・日のみ一般販売をスタート。午前中にはほとんどが売り切れるという人気ぶり。カンパーニュ、レザン、バゲットなど常時6〜8種のパンを販売している。

SHOP DATA

吉田パン(よしだパン)
TEL.075-712-7233
住所/京都府京都市左京区松ヶ崎雲路町2-2アルカディア松ヶ崎1F
営業時間/土・日9:00~売り切れしだい閉店
定休日/月〜金
予約/不可
カード/不可
アクセス/地下鉄烏丸線松ヶ崎駅より徒歩7分

(上)「ラ ーメン」380円は、ラーメンと煮卵、なるとをトッピング (左下)チョコと生クリームを挟んだ「スモア」350円など、思わず写真に撮りたくなるコッペパンがいろいろ (右下)イートインもできる

【2017.11 OPEN】
HAPPY BUNS

町家を改装した、コッペパン専門のカフェ。長さ15cmほどのバンズに塩味のラーメンを 挟んだ「ラーメン」や、甘辛いおあげを入れた「キヌガサ」など、オリジナリティあふれるコッペパンが味わえる。ユニークな具材が意外なほどよく合い、クセになりそう。

SHOP DATA

HAPPY BUNS(ハッピーバンズ)
TEL.075-354-5498
住所/京都府京都市東山区東瓦町690
営業時間/10:00~18:00
定休日/水
予約/不可
カード/不可
アクセス/京阪本線七条駅より徒歩10分

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ