無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いよいよシーズン到来! 花粉症の治療の基本を知ろう

花粉シーズンを通して、症状を抑えるには、花粉が飛び始める1週間前から、もしくは花粉を感じ始めた時点でスタートする「初期療法」が効果的です。しかし、初期療法のタイミングを逃してしまったら、通常の花粉症治療を行っていきます。花粉症の治療について、アレルギー専門医で花粉症に詳しいながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック院長の永倉仁史先生に伺いました。

永倉 仁史

ライフスタイル

治療の基本は、アレルギー症状を抑える内服薬と点鼻薬

花粉症の治療は、アレルギー症状を抑える内服薬や点鼻薬の使用が中心になります。忙しくて、耳鼻咽喉科を受診する時間がない、という人もいるかもしれません。

「『アレグラ』等の市販のアレルギー薬(抗ヒスタミン薬)を服用してみて、症状が治まるようなら受診の必要はそれほどありません」と永倉先生。病院にかかったほうがいいのかどうか、ひとつの目安になりますね。
市販薬で症状が軽快しない場合は、耳鼻咽喉科などを受診しましょう。

●病院での治療
「基本は内服薬です。花粉に対するアレルギー反応を抑える――『アレグラ』、『クラリチン』といった第2世代抗ヒスタミン薬が処方されます。さらに、重症度によって点鼻薬や目薬を追加したり、薬の種類を変えていきます。鼻づまりが強い場合には、『オノン』などの抗ロイコトリエン薬または抗トロンボキサン薬という内服薬が効きます。点鼻薬は炎症そのものを抑える力が強いステロイド薬が用いられます。目の症状がある場合、点眼薬も耳鼻咽喉科や内科で処方してもらえます」(永倉先生)

第2世代抗ヒスタミン薬は、口の中の乾きや、眠気が起こりにくく、以前の薬と比べて使いやすくなっています。また、点鼻薬も、女性にやさしい粉末タイプが登場しています。

症状の目安と薬の組み合わせ

症状の目安と薬の組み合わせは次の通りです。
◎軽症
くしゃみ、または鼻をかむ回数が1日1~5回。鼻づまりはないか、あっても軽い。
⇒第2世代抗ヒスタミン薬

◎中等度
くしゃみ、または鼻をかむ回数が1日6~10回。鼻づまりはやや強い。
⇒くしゃみ、鼻水
・第2世代抗ヒスタミン薬(「アレグラ」「クラリチン」など)
・点鼻用ステロイド薬
⇒鼻づまり
・抗ロイコトリエン薬または抗トロンボキサン薬
・点鼻用ステロイド薬
・第2世代抗ヒスタミン薬

◎重症
くしゃみ、または鼻をかむ回数が1日11~20回。鼻づまりが非常に強い。
◎最重症
くしゃみ、または鼻をかむ回数が1日21回以上、一日中鼻がつまっている。
⇒主にくしゃみ、鼻水
・点鼻用ステロイド薬
・第2世代抗ヒスタミン薬
⇒鼻づまりが強い
・点鼻用ステロイド薬
・抗ロイコトリエン薬または抗トロンボキサン薬
・第2世代抗ヒスタミン薬

内服薬は、十分な効果を発揮するまでしばらく時間がかかるため、症状の強い人は、飛散開始日より1週間ほど早めに、あるいは症状が出たら早めに受診して、薬を飲み始めることが大切。途中で服用をやめたりせず、医師の指示を守って、薬を服用しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ