無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単に服がよみがえる♡セーター、スウェット...毛玉をきれいに取る方法

冬の間大活躍するセーターや、人気アイテムスウェット。お気に入りのものはいつでも着たいですよね。でも、何度も着ている内に出来てしまう「毛玉」。見た目も悪いので、すぐに取り除きたいですよね。気づいた時に、簡単に毛玉を取るための方法をご紹介します。

2019年2月
ライフスタイル

そもそも毛玉ってどうして出来るの?

どんなに大事に着ていても出来てしまう「毛玉」。その原因は、「摩擦」と「静電気」にありました。洋服同士が擦れたり、リュックやバッグなどが接する部分の摩擦により、繊維が飛び出します。

Photo by Sayo Garcia / Unsplash

飛び出した繊維が静電気により丸まってしまうことで「毛玉」が発生するのです。摩擦は、洗濯時にも起こります。お家でニットの洗濯も簡単に出来るようになりましたが、その反面毛玉も出来やすい環境にあるのです。

毛玉を防ぐためには

100%毛玉を防ぐことはなかなか難しいのですが、発生する頻度を減らすことはちょっとの工夫でできるんです。まずは、お気に入りのセーターやスウェットなどは、着用後に洋服ブラシで優しくブラッシングしてあげること。

Photo by Tamara Bellis / Unsplash

毛並みが整い、繊維同士が絡むのを防ぎます。そして、着用頻度が多いほど摩擦も多くなるので、どんなにお気に入りでも1度着たら数日は休ませてあげることが大切です。お洗濯時には、裏返して専用洗剤で洗うと摩擦や静電気を防げます。

見栄えが良くなる!毛玉を簡単に取り除く方法4選

しっかり毛玉予防をしても、やっぱり出来てしまう毛玉。出来てしまった毛玉はどのように取るのが良いのでしょうか?

毛玉取り機などのグッズは便利ですが、手元にない場合は家にあるもので毛玉を取っちゃいましょう!身近な道具で、簡単にごっそり取れる、毛玉取りの方法をご紹介します。どれもすぐに試せるものばかりですよ♡

1.T字カミソリで切り取る

毛玉の付いたセーター等を平らなところに広げ、毛玉の上を優しくカミソリを滑らせていきます。お顔剃りの時と同じように、力を入れず、優しく動かすのがコツです。そうすると、毛玉がどんどん取れて纏まってきます。

スイスイと取れるので、広範囲の毛玉取りも簡単に出来ちゃいますよ。力を入れてガシガシやると、生地にひっかかって破けたり、穴が開いたりすることがあるので、あくまでも優しく滑らせるのがコツですよ。

2.小さいはさみで切り取る

少ない量の毛玉には、はさみで一つ一つ切り取っていく方法が確実に取れておすすめです。眉毛のお手入れ用のはさみなどの小さめのはさみを使うのがおすすめです。毛玉は、数が少ないからと言って、引っ張って取るのはNG。

切り取ることで、毛玉になっていない正常な他の繊維も傷めずに、きれいに取ることが出来るのです。取りたい毛玉を軽くつまみながら、根元を切っていきましょう。

3.歯ブラシで細かい部分の毛玉取り

毛玉取り専用ブラシは、使い古しの歯ブラシで代用出来るんです。毛玉の気になるセーターを広げ、一方向に向かって歯ブラシでブラッシングすると、毛玉が絡まって取れていきます。

歯ブラシは使い古しの方が良く、山型カットタイプのものが毛玉を絡め取りやすくおすすめです。フラットなタイプのブラシの場合は、ジグザグにカットするといいですよ。大きな毛玉は巻き付けるように動かすと取りやすくなりますよ。

4.台所用スポンジでゴッソリ

SNS等でやってみた!という方が多いスポンジを使って毛玉を取る方法です。毛玉の上を軽くスポンジでこするだけで、ゴッソリ取れると話題です。コツは、目が粗く、固めのスポンジを使うこと。柔らかいものだと取りづらいようです。

取れた毛玉は、スポンジの目の中に入り込むので、お手入れも簡単です。軽くこするだけでスイスイと取れるので、決して力を入れないことがポイント。力を入れると、生地を引っ張り、傷めてしまうので注意しましょう。

いつも綺麗に着たいから…

お気に入りのセーターやスウェットは、いつも綺麗にして着たいですよね。毛玉だらけの洋服は、疲れて見え、残念な印象にうつってしまいます。自分のためにも人から見られた時のためにもしっかりケアしておきましょう。

今回ご紹介した毛玉取りの方法はどれも簡単ですが、やりすぎは禁物。生地を傷めたりしないよう、注意しながら試してみてくださいね。毛玉取りは気づいたらササっと取るのが面倒にならないコツ!今すぐたまった毛玉、取っちゃいましょう♡

記事に関するお問い合わせ