無料の会員登録をすると
お気に入りができます

呼吸が浅い人は風邪をひきやすい?肺が正しく機能する3つのヨガポーズ

美容

風邪をケアするうえで、大切なのが呼吸器系の働き。胸郭が柔らかくなると呼吸器に届く空気量が増加し、呼吸の質がぐっと上がります。硬くなった胸郭を、異なる動作で効率よく柔軟に。理学療法士でヨガインストラクターの堀川ゆき先生に、肺が正しく機能する3つのヨガポーズを教えていただきました。

ヨガジャーナル日本版編集部

拇指球

立位の三日月のポーズ/photo by Shoko Matsuhashi

OK:親指同士を組んだ手は正面に向けて。このとき、腰が反らないように注意!

OK/photo by Shoko Matsuhashi

NG:手のひらが下を向くと側屈効果が半減。お腹を引っ込めるように意識すると○。

NG/photo by Shoko Matsuhashi

CHALLENGEポーズ:開いた脚を浮かせてキープ。体側がより強力に伸び縮みしてポーズの効果がさらにUP。

photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…堀川ゆき先生
理学療法士、ヨガインストラクター、抗加齢指導士。モデル・レポーター業をへて渡米し全米ヨガアライアンス200を取得。ヨガをリハビリに取り入れた整形外科治療に従事。慶應大学大学院医学部博士課程在学中。

全米ヨガアライアンス
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ