無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポイントはキツネ手!肩・ひじ関節をほぐしてスラリ「二の腕やせ」

美容

タプタプしたたるみが気になる、二の腕。そこで今回は、整体エステ「ガイア」を主宰する南雅子先生に、「二の腕やせ」に効くストレッチを教えていただきました。手先にワンアクション加えることで、引き締め効果を高めます。

南 雅子

キツネ手にすることで、関節がほぐれやすくなる

「『二の腕やせストレッチ』のポイントのひとつが、『キツネ手』です」と南先生。
“キツネ手”とは、親指と中指で輪をつくるようにくっつけた、「影絵のキツネ」に似た手のポーズのことです。

「二の腕を細くするためには、肩やひじ関節まわりをほぐすことが必要です。そのためには、ひじを回したり、曲げたりするストレッチが効果的ですが、手もとをキツネ手にしておこなうことで、腕からよぶんな力が抜け、ほぐれやすくなります。肩やひじ関節がほぐれると、腕にたまった老廃物が流れやすくなり、二の腕がスッキリしてきます」(南先生)

末端の関節をほぐすことで、股関節がほぐれやすくなる

上半身と下半身の中心にある股関節。やせるためには、この股関節を整えることが重要なことは、こちらのページでも説明していますが、南先生によると、手足の関節をほぐすことで股関節もほぐしやすくなるそうです。

こちらのページ

「全身の関節や筋肉は、すべて連携し合っていて複雑にからまっています。例えば、複雑にからまった糸を想像してみてください。その糸をほぐす場合、末端から少しずつほどいていったほうが、効率がよく、ほぐれやすいですよね。体も同じで、末端の関節からほぐしたほうが、中心にある股関節も、結果的にはスムーズにほぐせます」(南先生)

つまり、これから紹介する肩やひじ関節のストレッチは、「二の腕やせ」になることはもちろんですが、股関節をほぐすためにも重要な働きをします。

それでは、手元のポーズに注目しながら、2つのストレッチをおこなってみましょう。

キツネ手肩関節ほぐし

手のひらを返す動きにより腕の筋肉がよく伸び、腕の血液やリンパが流れやすくなります。手もとのキツネ手をキープしておこないましょう。

<1>

イスに座り背すじを伸ばしたら、足底で床を押しながら腰幅程度に開いておきます。右手はお腹が出ないようにさわりながら左腕をまっすぐ前に伸ばし、手のひらを床に向けた状態から、親指と中指だけをくっつけ、キツネ手にします。その手をくるっと返し、手のひらを天井へ向けたら、再度返し元へ戻します。この動きを体幹を崩さずにリズミカルに3往復くり返しましょう。

<2>

左腕を真上へ伸ばし、手はキツネ手のまま手のひらを前へ向けます。ひじを曲げないようにしながら、手のひらを返し後ろへ向け、再度返し元へ戻します。この動きを往復3回くり返しましょう。

<3>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ