無料の会員登録をすると
お気に入りができます

映画通でなくても知りたい♡「第91回アカデミー賞を彩った注目映画」一挙紹介

本年度アカデミー賞のノミネート作品には、社会派からエンターテインメント性あるものまで個性豊かな作品が揃っています。また世相を反映している作品も多く、観ているだけで教養が深まるものもたくさん。ぜひチェックして素敵な映画時間を過ごしてください♡

2019年2月
カルチャー

映画の世界的祭典「アカデミー賞」

毎年全世界の人々が注目する映画の祭典「アカデミー賞」。第91回目にあたる本年も、世界各地からたくさんの作品とスターたちが一堂に会し賑やかに開催されました。

その中から今回は「特に観ておきたい注目作品」をご紹介。世界中で話題を集める映画がたくさんあるので見逃し厳禁です!

まずは作品賞ノミネート作品を一挙紹介♡

まずはアカデミー賞の顔とも言える「作品賞」にノミネートされた映画をご紹介します。「アカデミー賞作品に興味はあるけど、どれを観たらいいかわからない」という方はまずこちらをチェックしてみて!

➀『アリー / スター誕生』( 2018年12月21日より公開 )

#INTRODUCTION

あの世界的歌姫・レディ・ガガの初主演作として話題となった「アリー / スター誕生」。素晴らしいライヴ・パフォーマンスはもちろん、女優として見せるガガの新しい一面も必見。本年度アカデミー賞の「主題歌賞」に輝きました。

#STORY

歌手になるという夢を持ちながらも自分に自信が持てずもどかしい日々を送っていたアリー。そんな彼女が国民的ミュージシャン・ジャクソンに才能を見出され、一気にスターとなっていく。輝かしい毎日を送る彼女だったがやがて挫折が訪れ…。

『アリー / スター誕生』公式サイトはこちら
「劇場情報」はこちら

➁『ボヘミアン・ラプソディ』( 2018年11月9日より公開 )

© 2018 Twentieth Century Fox

#INTRODUCTION

伝説のバンドとして現在も世界中に多くのファンを持つ「クイーン」。「ボヘミアン・ラプソディ」はそのヴォーカル、フレディ・マーキュリーを中心に彼らの生き様を描いた作品。主演を務めたラミ・マレックの役作りやクイーンのメンバーが音楽プロデューサーを務め、フレディマーキュリーと伝説のパフォーマンスを蘇らせたことでも話題に。「主演男優賞(ラミ・マレック)」「編集賞」「録音賞」「音響編集賞」の最多4部門で受賞。

記事に関するお問い合わせ