無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

カギは生活習慣!自分を大切にするための具体的な行動

よく「自分を大切にした方がいい」と言われますが、具体的にどのようにすればよいのかがわからないですよね。頭で考えてもなかなか答えはでないもの。毎日の生活週間を見直して、自分と向き合うことから始めてみましょう。

ライフスタイル

生活習慣を変えれば自分が変わる

どうすれば自分を大切にできるのか、頭で考えても答えは出てきません。考えるより、毎日の生活習慣を見直すほうがずっと簡単かつ効果的です。自分を大切にすることにつながる生活習慣をチェックしていきましょう。

①具合が悪い時はすぐ病院へ行く

体や心の状態が悪いときでも、仕事や家事を優先したり、「これくらいで病院へ行くのは時間やお金がもったいない」と考えて一人で我慢していませんか?

自分の体や心の状態に目を向け、きちんとケアすることは自分を大切にすることに直結します。調子が悪いときには迷わず病院へ行き、自分をいたわってあげることを最優先しましょう。

②髪・肌・体をていねいにケアする

肌や髪、ボディのお手入れをしている時間は、悩みやストレスを忘れて自分のことに没頭できます。

お手入れの本質は、自分自身に意識を向け、体の声を聴いてあげることです。自分の体を愛おしみ、お手入れにじっくり手間をかけてあげることが、自分という存在の大切さを再確認する機会になります。

③部屋を常に綺麗に保つ

汚い部屋は本来不快なもの。でも、散らかった不潔な部屋でずっと暮らしていると、知らず知らずのうちに汚い状態に適応してしまい、「自分は汚い状態にいるのがふさわしい存在」と誤認するようになってしまいます。

清潔で綺麗な部屋にいれば、やはり気分が上向きになります。「汚い部屋で暮らすなんて自分がかわいそう」と考え、整理整頓や掃除を欠かさないようにしましょう。

④気の乗らない誘いは断る

自分の都合や気持ちよりも他人を優先していませんか?気乗りしない飲み会や、たいして親しくもない人の結婚式など、行きたくないけれど断れないという方も多いのではないでしょうか。

自分を大切にするために重要なのは、「行きたくない」という心の声を無視しないことです。他人の都合より自分の気持ちを優先し、気が乗らない誘いは断る勇気を持ちましょう。

誘いを断ったくらいで破綻してしまうような人間関係は、しょせんその程度のものです。本当にあなたを気にかけてくれる人なら、「行きたくない」というあなたの気持ちを尊重してくれるはずですよ。

記事に関するお問い合わせ