無料の会員登録をすると
お気に入りができます

好きになりそう♡モテ女子がやっている“オトコゴコロくすぐる”「LINEの返し方」

恋愛・結婚

好きな男性と仲良くなるツールとして欠かせないものは、LINEですよね。
会えない時にどれだけ距離を縮められるか、LINE力の高さが必要になってくるもの。

では、モテ女子達は、どのようなLINEを送っているのでしょうか?
そこで今回は、オトコゴコロくすぐる「LINEの返し方」を、紹介していきます。

(1)甘え上手

『普段はクールな女性が、LINEだと甘えてくるとか、素を出しているようで可愛い』(30歳/コンサル)

甘え上手な女性は、男心をくすぐるのは間違いありませんよね。
LINEでも上手に甘えることで、守ってあげたくなる女性を演出しているもの。

でも、甘えベタ女子にとっては、普通に接している時も甘えられないのに、LINEで甘えるなんてムリって思っていませんか?
接している時に甘えられない人こそ、LINEだとハードルが低くなるのでおススメ。
また、普段とのギャップがでるので、男性はドキッとするもの。

例えば、落ち込むようなことがあった時は、彼や気になる人に相談して頼ってみましょう。
この時、愚痴やネガティブな言葉ではなく、ポジティブな言葉で頼るようにして下さいね。

(2)褒め上手

『やっぱり褒めてくれるとテンション上がる』(29歳/IT)

男性に限らず、人は褒められると嬉しくなりますよね。
褒めてくれる人には、好意的な感情を持つもの。
LINEでも、上手に男性を褒めることがモテ女子への第一歩。

この時注意したいのが、長文で褒めないということ。
男性は長文を読むことが苦手な人が多く、いくら褒められても面倒に思うもの。
きちんとした褒め言葉は会った時のためにとっておき、LINEではテンポ良く褒めるようにしましょう。

「すごい!」や「優しいね」などの短い褒め言葉でOK。
ただし、多用すると言葉の重みがなくなるので、褒め過ぎないことも必要です。

(3)相手が答えやすい内容

『「そうなんだ」としか返しようがないLINEは困る』(26歳/アパレル)

抽象的で曖昧な表現は、男性には伝わりにくいLINE。
女性ならば、どうにか捻りだして返信しますが、男性はどのように返信して良いか分からず既読スルーすることも……

LINEをする時は、相手が答えやすい内容を送ることが大事。
そうすることで、ストレスなくテンポ良くやり取りができるので、心地良い感覚になります。

例えば、質問する時は2択にするなど、選択幅を少なくしてあげる。
また、相手が得意とする分野を質問するのも良いですね。

(4)返信のタイミング

『すごい返信が早い女の子いるよね。あれすごく疲れる』(32歳/人事)

LINEの返し方で一番大事なことは、返信のタイミングをみるということ。
例えば、まだ相手が文章を考えている時に連投されると、急かされているようでストレスを感じます。
しかし逆に、返信までに時間が掛かると、待たされた感が出るので悪い印象に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ