無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それは盲点だった…犬が拾い食いしやすいものとそのリスク

愛犬の拾い食いにお悩みの飼い主さん必見!今回は、犬が拾い食いしやすいものや、拾い食いを防ぐために役立つトレーニング方法についてご紹介します。犬の拾い食いは最悪の場合、命に関わることも。なるべく早めにしつけで直すことが大切ですよ。

ペット

愛犬に拾い食いをするクセがあると、万が一のことが気になりますよね。そんな犬の拾い食いグセは、どうやったら防げるのでしょうか?犬が拾い食いしやすいものや、拾い食いを防ぐために役立つトレーニング方法についてご紹介します。

拾い食いがもたらす体への影響

dog.benesse.ne.jp

犬が拾い食いをすると、その体にはどのような影響があるのでしょうか。

たとえば、ほかの動物の便などを食べてしまうと、寄生虫や回虫から感染症にかかる危険性があります。また体質に合わないものを口にすると、嘔吐や下痢の症状が出ることも。口にしたものが犬にとって毒性のあるものや、喉に刺さると危険なものの場合は、体調を崩すだけでなく命にかかわることもあるでしょう。

以下のようなものは、犬が拾い食いすると体調不良を起こすなどの危険性があるので、注意してください。

犬が誤飲をすると危険なもの

これも危険!身の周りにある誤飲しやすいものとは?

dog.benesse.ne.jp

犬はおいしそうなニオイがするものや、遊び道具として興味をひくものを拾い食いしやすい傾向にあります。室内外では、以下のようなものが拾い食いされてることがあるようです。いずれも、体調不良などを引き起こす恐れがあるので注意しましょう。

室内で犬が拾い食いしやすいもの

屋外で犬が拾い食いしやすいもの

拾い食いをやめさせるためのトレーニング方法

dog.benesse.ne.jp

犬の拾い食いは、しつけで直すことができます。

犬が好きなおもちゃで遊んでいるときに、飼い主さんが手におやつをもってニオイを嗅がせ、おもちゃとおやつを交換してください。これができるようになれば、危険なものに興味を示しても、おやつと交換して拾い食いを防止することができるでしょう。

拾い食いしたときはどう対処すればいい?

dog.benesse.ne.jp

まずは「なにを」「どのくらい」飲み込んだのか、状況を確認してください。そして危険性の高いものを拾い食いした場合は、事前に動物病院へ電話をかけて、状況を説明しておくとよいでしょう。このとき、焦らずに状況を説明することが大切です。危険な状況だからこそ、落ち着いて行動するように心がけましょう。

1才半までに拾い食いしない犬は、成長しても拾い食いをすることはほとんどないそうです。何にでも興味を示す子犬期にしっかりしつけて、拾い食いしない犬に育てましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ