無料の会員登録をすると
お気に入りができます

めまいにお悩みの方必見!予防と改善ができるイヤイヤ&ゴロンゴロン体操

ライフスタイル

■めまい予防に効果的な“赤ちゃんイヤイヤ体操”

1月7日に放送された「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)では、多くの女性が悩みを抱える“めまい”について特集。20歳からめまいに悩まされているタレントの松本伊代さんが登場し、専門外来のある磯子中央病院へ向かいました。

松本さんを診察してくれるのは、めまい専門歴26年の新井基洋先生。診察の結果、松本さんは“良性発作性頭位めまい症”と診断されています。めまい症とは、めまいが起こる要因の中で最も多い5割を占める症状。加齢や衝撃で剥がれた耳石が三半規管に入り込み、動くことでめまいを引き起こすのが主な原因です。

そこで新井先生は、めまい予防に効果的な“赤ちゃんイヤイヤ体操”を松本さんに伝授。まずは親指を立てたまま、腕を真っすぐ前に伸ばしましょう。そのまま顔を左右に振り、20回の1セットを朝と夜の2回行ってください。このときに視線を親指から外さないことがポイント。眼球を一定に保つことで、平衡感覚が鍛えられます。

実際にイヤイヤ体操を体験した松本さんは、新井先生から「筋がいいです! 小脳が若いのかもしれない」と褒められて大喜び。「小脳も16歳なのかもしれないです」とコメントしていました。

■めまい治療に効果が期待できる体操

また新井先生は予防法だけでなく、めまい治療に効果的な“ゴロンゴロン体操”も紹介。体操といっても激しい運動はなく、使用するのはベッドのみ。仰向けの状態に寝転がって、スタンバイしてください。

仰向けに寝たら、まずは顔を右に向けてから10秒数えましょう。今度は体ごと右に向け、同じく10秒間カウント。再び仰向けの姿勢で10秒間数え、次に顔を左側に向けてまた10秒数えます。そのまま体ごと左に向いて10秒たったら、最後に仰向けの姿勢に戻って10秒たったら完了。この体操を行うことで、剥がれた耳石を元の位置に戻すことができます。

2つの体操を1週間行った松本さんは、「エレベーターに乗ったときみたいに“フワッ”とすることがあったんだけど改善されてます」と効果を実感。視聴者からも「私もやってみようかな!」「1週間で改善されるならムリなく続けられるね」「自宅で簡単にできたり、専用の機械がいらないから助かる!」といった声が上がっていました。

もしもめまいに悩まされているなら、この機会に2つの体操を試してみましょう!

文/プリマ・ドンナ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ