無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「絶頂睡眠」で話題のドライヘッドスパ専門店『悟空のきもち』を体験!

旅行・おでかけ

ほとんどの人が10分程度で寝落ちしてしまうという、日本初の頭のほぐし専門店『悟空のきもち』。しかも気持ちよさが頂点に達する状態で一気に寝落ちさせる「絶頂睡眠」が口コミで話題となり、予約が殺到。日本一予約が取れない店ともいわれています。
前回、『人気頭のほぐし専門店が考えた究極の枕『熟眠用たわし』とは?』では『悟空のきもち』が開発した枕『熟睡用たわし』についてお話させていただきましたが、今回は、予約が取れないほどの「絶頂睡眠」とはどんなものなのか、実際に体験してきました。

水やオイルを使わずに、手技だけで寝落ちさせる『悟空のきもち』とは?

日本初の頭のほぐし専門店として、2008年に京都でスタートした『悟空のきもち』。当初は、頭をほぐすことが目的で、決して眠らせることに特化していませんでした。しかし施術後のアンケートから、眠った人のほうが満足度は高いことに着目。さらに、よくよく調査すると、寝たとしても評価によし悪しがあり、評価のいい人と悪い人では眠りの落ち方が違うことが判明。そこで評価のいい眠りの落とし方を研究し、2015年にオリジナルの21もの手技だけで頭をほぐしつつ、ドーパミンなどの快楽ホルモンを高めて、気持ちいい幸福感が絶頂になった状態で一気に寝落ちへと導く「絶頂睡眠」にたどり着いたのです。

その極上の手技を取得するため、高い技術の認定資格「ヘッドマイスター資格」をすべてのスタッフが保有。確かな技術で頭皮から脳へと働きかけ、頭はもちろん、体までリラックスさせ、施術後は寝つきがよくなった、よく眠れるようになったという声が多数寄せられるように。そのため、特に下記のような症状がある人におすすめです。

□慢性的に疲れを感じている
□目覚めがすっきりしない
□目が重たくてショボショボしている
□頭がいつも重たい
□いくら寝ても眠たい
□やる気がでない
□顔のたるみが気になってきた
□小顔に見せたい

フロアごとに異なるインスタ映えも話題の原宿神宮店へ

現在、店舗は、京都本店、大阪・心斎橋店、東京・原宿神宮店、東京・銀座店の4店舗。しかし、3月1日には初の海外店舗としてアメリカ・ニューヨーク店がオープンします。今回は、東京の大型旗艦店として一番施術ルームが多い原宿神宮店で体験させていただきました。

日本初の「睡眠のアトラクション施設」がコンセプトの原宿神宮店。悟空の世界へと旅立ち、帰還する場所として、「脳と旅立ちの研究所」をイメージしたという1階のエントランスから、非日常空間が広がり、期待感が高まります。

4フロアからなる原宿神宮店。地下1階は、「かぐや姫の船」をテーマに、地球から離れていくアトラクションをイメージ。鏡を効果的に使い、どこまでも広がっているような空間に。

2階は「睡眠宇宙船」をテーマに、無重力の睡眠体験アトラクションをイメージ。

3階は、「眠るタイムマシン」をテーマに、時間旅行体験アトラクションをイメージしています。

やっぱりすごかった!「絶頂睡眠」体験レポート

いよいよ施術体験です。リラクゼーションミュージックが流れる中、ゆったりしたリラクゼーションチェアに横になり、スタート。

今回担当していただいたのは、ヘッドマイスターの木村明日香さん。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ