無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今注目の「チーズティー」「バターティー」をヘルシーに♡紅茶専門家が作るアレンジレシピ

「タピオカミルクティー」や「フルーツティー」が人気を呼んだ2018年。ミルクティーを飲む機会が増えたという人も多いのでは? 2019年はどんな紅茶が流行るのかが気になるところ。そこで、日本紅茶協会認定ティーインストラクターの森田麗子さんにインタビュー! 注目の紅茶メニューと、家で簡単にできるリーフティー(茶葉)を使用したレシピを教えてもらいました。

森田 麗子

グルメ

注目度ナンバーワンは「チーズティー」

最近話題なのは「チーズティー」。台湾の屋台が発祥で、そこから中国、シンガポール、マレーシア、香港、アメリカNYへと広がり、日本にも上陸しました。紅茶を濃いめに抽出して作ったミルクティーにホイップしたクリームチーズを注いだアレンジティーです。

ミルクとチーズを使うためカロリーが気になるメニューですが、ここではヘルシーなクリームを使った、ダイエット中でもおいしく飲めるレシピを紹介します。塩の代わりにレモンを加えているので、さっぱりしていてヘルシーです。

〜濃厚なのにヘルシー! レモン香る「チーズティー」〜

<材料(2人分)>

・豆乳クリーム(豆乳ホイップでも可)…50ml
・クリームチーズ…15g
・砂糖…大さじ1
・熱湯…400ml
・リーフティー(なければティーバッグ2個でも可)…4~5g
・レモン汁、すりおろしたレモンの皮…適量

<作り方>

1.豆乳クリーム、クリームチーズ、砂糖をボウルに入れ、泡立て器で6分立て程度まで混ぜ、ホイップクリームを作ります。
2.ポットに好みのリーフティーを入れて熱湯を注ぎ、ふたをして2~3分ほど蒸らします。
3.(2)の茶液をマドラーなどでひと混ぜしてから、茶こしで茶葉をこしながらカップに注ぎ分けます。
4.(3)の上に(1)のホイップクリームをのせます。
5.好みでレモン汁やすりおろしたレモンの皮をふりかけて、できあがり。

POINT

・リーフティー(茶葉)はアールグレイがおすすめ。砂糖は色の薄い粉末タイプのてんさい糖を使うとヘルシーです。
・かき混ぜながら飲んでください。

伝統的な「バターティー」にも注目!

もうひとつ注目しているのは「バター茶」。チベットなど紅茶の発祥の地でよく飲まれているお茶で、体が温まる飲みものです。元来は紅茶ではなく、黒茶(発酵させて固めて干した茶葉)を煮詰め、ギー(バターを精製して作ったバターオイル)とミルク(ヤクなどの乳)、岩塩を加えて混ぜて作ります。見た目はミルクティーのようですが、味は塩気のきいたスープのようで、さらさらな舌ざわりです。

「バター茶」という名前ですが、バターではなく「ギー」を使うのがポイント。風味はバターより濃密なミルクの香りがします。ギーはバターとくらべ酸化しにくく、脂肪の分解を助ける働きのある中鎖脂肪酸を多く含んでいるので、ダイエット向きといえます。

〜ギーを使った「ヘルシー・バターティー」〜

<材料(2人分)>

・水…300ml
・リーフティー…大さじ1
・岩塩…少々
・牛乳…100ml
・ギー…大さじ1

<作り方>

1.小鍋に水を入れ、リーフティーを入れて沸騰させます。
2.(1)に岩塩を加え、1分ほど沸騰させたら鍋を火からおろします。
3.ふたをして2分おいたら、茶葉をこしながら別の小鍋に移します。
4.(3)に牛乳を入れて弱火にかけ、鍋のまわりがふつふつしたらギーを加え、泡立て器でよく混ぜ合わせたらできあがり。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ