無料の会員登録をすると
お気に入りができます

同棲前に知っておきたい!一緒に暮らすと出てくる7つの不満

恋人と次のステップに踏み出そうと、同棲や結婚での同居を考える人もいるでしょう。しかし、いざ一緒に暮らしてみると、ぶつかってしまうこともあるようです。そこで、同棲や同居でケンカの原因になりやすい7つのポイントをご紹介!一緒に暮らす前に、対策を知っておきましょう。

2019年3月
恋愛・結婚

彼と同棲したいけど…このままで大丈夫?

ケンカになりそうなことを知っておきたい!

恋人との同棲や同居を考えている人もいるでしょう。一緒に暮らすとパートナーの今まで見えなかった部分も見え、違いにも気づき、ぶつかってケンカになってしまうこともあります。

そこで、同棲をする前に揉めやすいことをチェック!一緒に暮らした時にケンカになりやすい原因を知っておきましょう。

1.家事分担

感謝を忘れず、負担をかけすぎず

一緒に暮らせば二人分の家事があります。うまく分担できれば良いのですが、一人がやらずに結局どちらかだけがやっていて、それを当たり前のようにされて不満を感じることもあるようです。

また家事のやり方の違いで揉めることもあるようです。アイロンがけや洗濯物の畳み方、食器の洗い方など、どっちのやり方がベストなのか二人で考えましょう。最初は二人で一緒にやりながら、お互いのこだわりポイントを確認するのもいいですね。

お互いに好きなことや得意なことは積極的にやれば、少しでも負担を減らせます。相手がやってくれることは当たり前と思わず、感謝する気持ちを忘れずに。大切なのは一方の負担になっていないか、と相手を思いやる気持ちです。

共働きカップルのストレスNO.1!「家事」を仲良く“シェア”するテクニック

夫婦や同棲カップルの生活の中で問題になることと言えば、“家事の分担”。自分ばかり負担が大きくて、不満に思ってしまう方も多いのではないでしょうか?そこで、仲良く家事分担する方法をご紹介します。
1915

2.金銭感覚

お互いの違いを擦り合わせる

一緒に暮らすと家賃や生活費など、お金の話も出てきます。金銭感覚は本当に人それぞれで、「それは使いすぎ」「それじゃ足りない」とぶつかることも多々あるでしょう。

お互いに「自分の感覚が普通」と思ってしまうと、ケンカに発展します。考え方が違うのは当たり前だという前提で、相手の言い分にもきちんと耳を傾けましょう。

お金は実生活に関わることなので、しっかり話し合うこと。収入や今までの支出などを包み隠さず伝えて、二人で考えて。また実際に暮らしてみて、考えていたお金のかかり方と違う場合は、調整や変更の可能性があることも踏まえておきましょう。

記事に関するお問い合わせ