無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[妊活]ママになれた不妊治療体験者に聞く 大変だったこと7

ライフスタイル

不妊治療をこれから始める人も、すでにスタートした人も、何がどう大変なのか、大変になるのか、体験者のリアルな声を聞きたいところ。
不妊治療の大変さには共通のキーワードがいくつかあります。その中から、7つのキーワードを軸に大変だった経験を教えてもらいました。

『大変なことは多いかもしれない。でも、それは あなただけじゃない!』
ということが、みんなの体験談から伝わりますように。

※妊婦向け月刊誌『たまごクラブ』の読者のうち、不妊治療を経験したかた111名にwebアンケート。回答者のコメントです。
※( )の中は現在の年齢と治療経歴。

【大変だったこと1】「病院に通うこと」それ自体が大変

不妊治療は、とくに女性の場合は頻繁に通院することが多いものです。しかも通院スケジュールはタイト。通院そのものが大変です。

●人工授精の費用は経済的な負担に、注射や投薬などは体への負担に。もちろん、何度も病院に通わなければならなかったこと自体も。
(31才/人工授精)

●医師から来院の日にちを指定されるので、自分の仕事の予定を調整しながら病院に通うのが大変でした。
(28才/タイミング法)

●排卵していないか、今どのくらいの大きさになっているのかを診察するため、こまめに病院に通わなくてはならなかったこと。
(29才/人工授精)

●排卵日前後には、とくに頻繁に病院に通わないといけなくて、お金がかなりかかったことが大変でした。日々の注射や卵管造影の検査も痛かった。
(33才/タイミング法)

●排卵のタイミングは、あらかじめ予定が立てられないので、医師から指示のあった日に病院に行かないとなりませんでした。それと同時に、医師から決められた日にセックスしないといけなかったことも負担でした。
(28才/人工授精)

●卵胞を診てもらったり、排卵を確認したりと、しょっちゅう病院に通わないとならないのが大変だった。
(23才/タイミング法)

病院に通うのは、大変なだけじゃない

●旦那の帰宅が遅いので、疲れた体にセックスのタイミングが合わなかったり、人工授精では毎回朝早くに精子を採ってもらうことが、旦那にプレッシャーを感じさせてしまったり。2人とも、心身への負担が大きく、費用もかかりました。
だけど、とにかく2人とも、「2人の子どもが欲しい」という気持ちが強くあって、治療先の先生に励ましてもらったときに、もう少し頑張ってみようと思ったことが、いい結果につながりました。
(34才/体外受精)

●タイミング法では、医師から決められた日にセックスしないといけないし、排卵誘発のときは病院から指示のあった日に病院に行かないといけないし、注射がかなり痛かったし。それでも、通っていた病院では前向きになれるような言葉をかけてくれました。
「大丈夫、大丈夫」と言ってくれたのが励みになりました。
(28才/人工授精)

【大変だったこと2】「朝」の大変さ

タイミングによって朝早く通院したり、夫にも協力を求めたり。ただでさえ時間がたりない朝の時間のやりくり、綱渡りのこともあります。

●生理不順だったので何回も病院へ行かなければいけなかったことや、朝一で精液を持っていくので会社に遅刻したことも。仕事との両立がいちばん大変でした。
(33才/人工授精・体外受精・顕微授精)

●毎日の注射、深夜の通院、仕事前の通院、採卵手術……大変なことはたくさんあったけれど、朝早くに病院に行かなきゃいけなかったことがつらかった。
(33才/体外受精)

●タイミング法でしたが、夫の帰りが日々遅いので、朝にセックスしなくちゃならないのは大変だった。
(32才/タイミング法)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ