無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今すぐ真似したい♡部屋がキレイな人に共通する「モノが増えない」思考法

部屋をキレイに保つには、片付け・収納や掃除をしっかりとすることが大切です。そのためにはモノを増やさないのが◎。部屋がキレイな人に共通しているのは「部屋にモノを多く置きすぎない」という点です。すっきりキレイなお部屋で暮らすための考え方とはどのようなものなのでしょうか?

2019年3月
ライフスタイル

部屋がキレイな人に共通する思考法とは…?

快適な部屋をキープするには、キチンと整理整頓し、お掃除をすることが重要ですよね。でも、いつも部屋がキレイになっている人に共通することの一つに、「モノが多すぎない」ことが挙げられることにお気づきでしょうか?

84KICHI on Instagram: “今日は休み。 ・ 朝から掃除などやることやって。 ・ 心地よく暮らせるように、サッとできることを。 ・ 天気がいいと午後の部屋が気持ちいい。 ・ ・ ・…”
instagram.com

モノを多く持たず、キレイに部屋を保っている人の考え方とは?それが分かれば、理想の部屋に一歩近づけるかもしれません。

モノを増やさない9つのコツ

①「いつか使うかも」と思わない

いつか使うかも…と思ってとってあるモノは、本当に使う日が来るでしょうか?その「いつか」は、来ない確率の方が高いかもしれません。

使うかもしれないととっておいたモノを思い切って断捨離して、「捨ててしまって失敗した」と後悔している人は実はほとんどいないそうです。「いつか」のために部屋のスペースを確保している方がもったいないですね。

②収納アイテムを無駄に増やさない

部屋を片付けるために収納BOXを新たに購入したり、家具を新調したり…。一見部屋が片付くように見えますが、モノが増える原因を作っていることになります。収納グッズを増やす前に、しまいきれないモノを処分するのが◎。

③捨てられないものはリサイクル

「せっかくお金を出して買ったものなのに、捨てるのはもったいない!」「人から貰ったものなのに捨てることに抵抗がある」というのは誰にでもある自然な気持ちですよね。モノを大事にするのはとても良いことです。

なかなかモノを捨てられない人には、「リサイクル」が有効です。フリマアプリを使ったり、リサイクルショップへ持ち込むのも良いですし、古着を寄付するのも社会貢献になります。

④ペーパー類は見たら即座に処分

散らかりやすいモノ、増えやすいモノの代表の一つに、「ペーパー類」が挙げられます。ポストインされているチラシやDM、クレジットカードや公共料金の請求書等、気づけば毎日のように増えていきますよね。

片付け上手さんたちは、ペーパー類をポストから部屋に持ち帰ってきたらすぐに開封・処分します。後回しにすればするほど量が増え、面倒に。請求書などはネット上で確認して、ペーパーレス化するのもオススメです。

記事に関するお問い合わせ