無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意識改革でズボラな私から卒業!洋服や小物の「捨てる」基準7ヶ条♡

春が近づいてきて衣服のチェンジを考えるこの季節こそ、クローゼットをすっきりさせたいと思う女性も増えるもの。一番頭を悩ませる洋服や小物の捨てる基準を、今のうちに明確にして気分もすっきりスタートしてみませんか?

2019年3月
ライフスタイル

「モノが多い=豊か」ではない!

モノや情報があふれている今、生活レベルも上昇して欲しいものをたくさん手に入れられる時代になってきました。でも、必ずしも多くのモノを持っているからと言って豊かとは限りません。

真の豊かさとは、数が少なくても、本当に大切にしたいものに囲まれている生活ではないでしょうか。だからこそ、定期的に所有しているモノの存在意義を確かめてみる必要があります。

モノが多いことのデメリットとは?

モノが多いことでおこるデメリットは意外とたくさんあります。

Photo by Amanda Vick / Unsplash

・アイテムが多すぎてコーデに時間がかかる
・場所を余計にとられてしまう
・インテリア的にも雑然としてすっきりしない
・自分に合うテイストがわからなくなる
・新しいアイテムを取り入れにくくなる

以上のような項目に心当たりがある方はいませんか?逆に考えると、上記項目が改善されることでそれだけメリットも増えるということなんです。

www.pexels.com

圧倒的に難関とされる洋服や小物類は、捨てる基準とその後の対策をしっかり把握しておくことで改善します。今回、わかりやすく7つの項目にまとめたのでチェックしてみてくださいね。

①1年間袖を通さなかったもの

これからも着る可能性は低い

買ってから1年間腕を通さなかったものは、今後も着る可能性は低くたんすの肥やしになる可能性が高いものです。手にとらなかったのは、何かしら必ず理由があります。

対策は?

手を通さない理由の1つとして大きい理由に「衝動買いをした」「他アイテムと合わせにくい」というものがあります。買い物をする時は焦らず、ゆっくり考える時間を持つことで無駄な買い物は少なくなりますよ。

➁クローゼットで浮いているもの

テイストに合わないものはコーデしにくい

時間がある時でいいので、自分のクローゼットをゆっくり観察してみてください。明らかに浮いてみえるアイテムはありませんか?もしあるなら、それは処分候補になります。

記事に関するお問い合わせ